JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

アイガモを飼っています。 足がフラつき始め、嘔吐もあり、立てなくなり 寝そべった状態で、もがき動くような状態にな

解決済みの質問:

アイガモを飼っています。
足がフラつき始め、嘔吐もあり、立てなくなり
寝そべった状態で、もがき動くような状態になりました。
どんな病気が考えられますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。 少ない文章からの推測です。 的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。 質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。 -もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。 アイガモは痩せていませんか?胸の肉が落ちているなら痩せています。また痩せていると持つと軽いでしょう。 年齢や飼育環境(外で飼っているなど)、食餌内容、同居の鳥は居るかなどを 教えてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

その後、家族が夜間の動物病院に連れて行きました。連れ行く最中に呼吸が荒くなり、

病院で酸素吸入をすると、立つこともでき、ガーガー鳴き始めました。

今朝は、卵も産んでおり元気になったようです。

嘔吐するときに、気管支が詰まり、呼吸困難になり立てなくなったようです。

年齢は9ヶ月で、日中は外で遊ばせて寝るときは家の中に入れます。同居の鳥はいません。

餌は、主に野菜中心でミニトマトや白菜、とうもろこし等。その他は、鳥用の雑穀の餌です。

うちのアイガモは、飼い始めてから4回ほど嘔吐しているのですが、いつもより食べたときに

良く嘔吐します。食べすぎで嘔吐するものでしょうか?

体重は、2.1Kgです。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
鳥は食べ過ぎで吐き戻すことはあります。そのう炎の疑いもありますが
食餌量を調節して様子をみても良いでしょう。

お話からすると卵を産んで低カルシウムになった可能性が高いと思います。
卵はどれくらいの割合で産みますか?

体がまだ出来上っていない状態の上に卵を産んだために低カルシウムによる
産褥テタニーといって低カルシウムによる虚脱を起こしたと思われます。

カルシウムを与えてください。人間用のカルシウムサプリメントで他には何も
入っていないようなものを買ってきて食餌と一緒に1Tab与えると良いでしょう。
ネーチャーメイドのような有名メーカーで質の良いものを与えるようにしましょう。
できれば香料や着色料が入っていないものを買って与えてください。

お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

エサの量を 減らしてみることにします。

卵は晩秋ごろから毎日産んでいます。

毎日産むのは良くないのでしょうか?

産褥テタニーとは、どんな症状ですか?

また、そのう炎は食生活や、食べる物によって起きますか?

吐き戻すのは夜部屋のゲージに入れてからがほとんどです。

首を大きく左右に揺さぶって吐き出します。

吐き戻す前は、座らずにしばらくジッと立って静止していたり

水をたくさん飲んだりもします。

 

 

 

 

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
酸褥テタニーとは卵を産みすぎて低カルシウムになると体に力が入らなくなり ふらついたり震えたり虚脱することを言います。

毎日卵を産むのは体に負担が多すぎます。

発情しないようするのは中々難しいですが
起きている時間を減らしたりあまり鼻先や頭を擦らない、触らない
発情するおもちゃなどがあれば取り除く、巣を置かないなどです。
それでも産むのであれば発情を抑制する注射がありますのでそれを
注射してもらいましょう。ただし、鳥を本当に診察できる病院はわずかです。
よく調べてから病院に行きましょう。

そのう炎は食餌によって起こるのではなく吐き戻しで酸で食道が荒れたり
細菌や原虫、真菌などによって起こします。

合鴨が吐きやすい種類なのでそのう炎があるかどうかは不明ですが
できれば一度調べておいて損はないでしょう。


wantaroをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問