JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

昨夜、文鳥を放鳥していたのですが、子供がカーペットに横になろうとした時誤って腰のあたりで文鳥を踏んでしまいました。

解決済みの質問:

昨夜、文鳥を放鳥していたのですが、子供がカーペットに横に なろうとした時誤って腰のあたりで文鳥を踏んでしまいました。
小鳥に気付いた子供が慌てて腰をあげると、すぐに飛んでいきましたが、とてもドキドキしたのか、尻尾を上下に動かして呼吸しているのが気になりました。

心配でずっと様子をみていると、一時間ほどして餌を食べ糞もみられました。そして本日無事に朝を迎えホッとしたのですが、尻尾を上下に動かす様子は続き、いつもよりまだ元気がないようです。


どんな原因が考えられますでしょうか。
ご教授願います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

通常その症状は呼吸困難です。気嚢が破れたり、肺に問題が生じたり、内臓破裂したり、t体のなかで出血したりと、いろいろです。しかし、文鳥サイズではまず何もしてあげることはできません。安静にしていれば、よくなるかもしれません。

当院では同じような理由でご来院する患者さんが後を絶ちません。小鳥の患者さんの半分くらいが、そのような事故です。サイズが小さく積極的な治療を行うことができません。運を天に任せるような「安静」しかできないので、とにかくカゴから出さないことを強くお勧めしています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

 

病院に受診したほうが良いとのことですが、小動物ゆえに治療法はないと考えてよろしいでしょうか。とにかく安静を保つようにしてみます。(今も放鳥してしまっていました)

あと、保温も必要でしょうか。(ゲージ内にヒーターはつけております)

 

経過としては何日ぐらいが要注意と考えてみていけばよいのでしょうか。

尻尾の上下、元気が戻れば安心できますか。

このあと急激に悪化して死んでしまうこともあるということですよね。

 

いろいろと質問ばかりですみません。

 

 

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

治療方法は外科などの積極的なものはできないということになります。しかし、内科的になにか治療する場合があるかもしれませんので、その辺はかかりつけ医の提案を受け入れてもらうといいでしょう。

沖縄のような温かい地方でなければ、保温をしておいたほうがいいでしょう。

1週間経過観察をしてみて問題なければ、自然治癒したと考えていいでしょう。

原因次第では、死亡する可能性は十分あります。

yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問