JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

はじめまして。 インコの雛が孵り、順調に育っていたのですが、同じ位(生後1か月位)の雛をホームセンターで買い一緒に

解決済みの質問:

はじめまして。
インコの雛が孵り、順調に育っていたのですが、同じ位(生後1か月位)の雛をホームセンターで買い一緒にしていたところ、おととい買ってきた雛が立てなくなり餌も食べずその晩に亡くなってしまいました。その時我が家で孵った雛は元気だったのですが昨日急に同じ症状になり、片足にまったく力が入っていないようです。えさも食べません。糞は少し出ているようです。亡くなった雛はすぐ獣医に連れていったのですが赤い液状の薬をもら って与えるようにと言われましたが、今夜が山と言われ結果亡くなりました。昨日まで私が留守だったため子供の話で少し要領を得ませんが同じ症状になったのは感染症なのでしょうか。生きている雛は人に慣れていたため今は人のそばに来たがり手の中で眠っています。えさや水をあたえようとすると嫌がっているように見えます。結果口に入ってはいないようです。人のそばに来たいためか羽ばたきはしますが歩けません。近くには鳥に強い獣医さんがないため前回の獣医に行っても同じ処置で終わってしまうような気がします。亡くなった雛よりはまだ動きが元気なようなので早めに治してあげたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

感染症の可能性は高いでしょう。寄生虫の可能性もあります。細菌性として抗生物質を投与するしかないと思います。それと同時に強制給餌を行い、栄養管理をしっかりしていかないと救命率をあげられません。

また、小鳥の体温は40℃くらいあり、それを人の手で包んでいても、温かくはなりません。逆に徐々に体温を奪っていきます。保温器具などを用意して、積極的に温めましょう。ここ首都圏では今日は雨が降っておりとても寒いです。動物病院に連れて行くときには工夫してできるだけ寒くないようにしていってください。

動物病院検索サイトでほかの動物病院を探してみましょう。お住まいの地域により専門性の高い動物病院の数に偏りがありそのような獣医療の不平等性は否めません。できるだけ小鳥たちが健康なときに健康診断などで動物病院をまわり、ご自身の眼で、安心できる動物病院を探しておきましょう。ちなみに、口コミはまったくあてにならないです。ご自身で確認されるのが最善です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

今は使い捨てカイロを布で包んだ上に置いたところ落ちていたえさを自分で食べていました。そしてそのままじっと居眠りしています。地域には犬猫病院は多数ありますが色々検索しても小鳥は扱わない獣医が多いことと今仕事などで遠方まで出かけられる状況ではないので様子を見ながら獣医に連れて行った家族が帰宅次第薬の明細などを確認しまた詳細をお知らせしながらご質問するかもしれません。とりあえず今は保温に注意して様子を見てみます。自分で食べているので強制給仕はしなくて良いのでしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

自力で食べているとのことで、食べていないよりは少し安心です。ただし、体重を1g単位で量れるものをご購入いただき、1日4回くらい量って、増えているなら、とりあ えず、強制給餌を見送ってもいいかもしれません。しかし、動物病院に行かない限りは有効な強制給餌はできませんので、強制給餌をしなくてはならない状況でも、無理ということになりますね。保温は小鳥の体温が42℃ということを考えてもらうとわかるように、十分な温度が必要です。温度計がなければご購入いただき、最低でもその場所が32℃以上はあるようにしましょう。地域にもよりますが、沖縄でもない限りは、室内はしっかり暖房して人が半袖でもOKなくらいにはしておきましょう(その子が回復するまでの辛抱です)。

獣医療においても地域格差の是正がなかなかできないのは、人医療と同じですが、小鳥の診療施設が見つからないのは残念です。幸運をお祈りします。

yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問