JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

10歳くらいになる小桜インコのオスです。 3週間ほど前からふらつくようになり、今は止まり棒にもつかまれません。

解決済みの質問:

10歳くらいになる小桜インコのオスです。
3週間ほど前からふらつくようになり、今は止まり棒にもつかまれません。
2週間前から日に何度も両翼を広げて苦しそうにのけぞる発作を起こすようになりました。
発作を起こしている時間は1分程度ですが頻度が増えているように感じます。
保温をしていますが、他に何かしてあげられることはありませんか?
餌は、中型インコ用のエサ、ボレー粉、栄養剤を数滴落とした水をあげています。
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、

最近痩せてきたとかないでしょうか?

鳥の種類や年齢を考えると肝臓 病や腎臓病が疑われます。
肝臓が悪くて脳に悪い物質がいくと肝性脳症といって具合がわるくなり痙攣を起こすことがあります。腎臓も同様で腎不全でも発作を起こしたりします。

危険な状態と考えられます。早めに鳥を専門に診察できる病院へ行き血液検査などの検査をしてもらいましょう。

最近では酸素発生装置をレンタルで一日800円から1000円で貸してくれます。
ネットで調べたりかかりつけの先生に紹介してもらって自宅で酸素を与えると
少し本人は楽になるでしょう。

お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問