JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

yasuyukiに今すぐ質問する

yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

2

質問者の質問

お恥ずかしいのですが、今日、迎えてから一週間、生後2か月弱で甘えん坊のため、やっと一人餌に切り替わりそうで、喜んでいた矢先の子を、もちろん私の不注意が一番の原因ですがいくつかの不幸な偶然が重なり野良猫に取られました。気も狂わんばかりに泣き叫び、いっそその野良猫を探し出して毒で殺して私も死のうと思いましたが、


(


注:これは言葉のあやです。自殺をほのめかしているわけではありません。「誤解を招かないように編集してください」と、サポートセンターからご注意頂きました。もう全然平気です.死んでたまるかです(*^_^*)


次の子のために前向きに質問しておりますので、どうかよろしくお願いいたします。m(__)m)


 


今は冷静になっています。


 


・・・すぐに忘れようとして忘れられるものではないので、また今日ご縁あって、コザクラの雛を譲ってもらうことに決まりました(DNA検査の結果メス確定とのことです)。そこで質問なのですが、羽のクリッピングについてのお考えをお聞かせ頂きたいと思います。実は、あの子は迎えた翌日に近所の獣医さんで検便など健康診断に連れて行き、飛ぶ喜びを知る前のほうが、ショックがないだろうと思い、クリッピングをして頂いたのです。インターネットで見ると、クリッピングは反対派の方が多いようで私も悩んだのですが、どうもこの子は不明とはいうものの、頭の形からメスのような気もするし、経験上メスのインコは気が強いのが多いし、ましてコザクラは一般に気性が荒いと言われているので、初めてのコザクラでも あるし、勝手がわからず心配だし、まずはなついてもらって、それからまた羽は結局元通りになるし・・・そのときはもうクリッピングはやめよう。と考えたのです。羽は切ったら切ったでそれなりの事故はあるし、切らないならそれなりの事故もあるしで、うちは狭いコーポだし、決めたのです。・・・ところが、見ていただいた女医さんが、見栄えを考えてくれたのだと思いますが、外側の風切羽2枚残して、しかも片方の翼だけクリッピングしてくださったのです。私は、驚いて「片方だけのクリッピングは飛行が不安定になるし危険。切るなら思い切りよく」と本にかいてあったのですが・・・というと「うちは片方だけです」と。‘一番外側の風切羽を残したら飛行能力は8割は残っていると考えてください,と本に書いてあるのも見たし、まして二枚残して片方だけ・・・一瞬戸惑いましたが、言いにくいし、獣医さんがそう仰るなら別に問題はないかもな。と、どこかで釈然としない思いを抱えながら、そのまま飼育していました。が、おなかがすくと、もう最近はプロペラのごとく羽をバタバタするし、自分の翼も特にクリッピングしていない方は気に入っているようで、最近はよく嘴で手入れのようなこともしていました。飛ぶ前に身構えて時間はかかりますが、私のところに頑張って飛んで来ると、ほんの少しの跳躍にすぎませんが、しっかりほめてやりました。飛びたかったのでしょうか。・・・が、今日、クリッピングしているからと思い安心していた私の不注意で、急に驚かせることが起こってしまい、到底クリッピングしているとは思えない距離を飛んでしまい、取り返しのつかないこととなってしまいました。私は飼う資格のない飼い主です。少しでも腑に落ちない点があったなら、雛とはいえ、クリッピング後の飛行能力についてもっと確認しておくべきでしたし、本には教科書的なことが書いてあるだけなので、セカンドオピニオンという言葉がある通り、ほかの獣医さんのご意見も聞く方法があったはずです。過去にセキセイの荒鳥を縁あって迎えたこともあり、少しでも仲良くなりたいと思い、しっかりクリッピングしたら、飛ぶ感覚を覚えた鳥でも、ジャンプ程度ですぐ落下するし、しつけの面でも若干効果がありました。(メスは難しかったですが・・・)個体差もあり、クリッピングすると余計反抗的になる子や、依存性が出てきてうまくいく子もあり、こればっかりは未知数だと思いますが、ペットである以上、犬も繋いで飼うことが虐待とは言えないように、その家にもらわれてきた以上、その家の都合に合わせてもらうこともお互いの幸せのためだと思うのです。その分しっかり愛情を注いでやればそれでよいのだと考えていました。聞くべきことをしっかり聞かなかった怠慢が招いたことで、優しげな方でしたし、獣医さんのせいで死んだわけではないことは頭では分かっています。でも、「飼い主さんがご希望でしたら、うちはします」とおっしゃられるより、本当は反対派で、中途半端なクリッピングをされるよりは「羽を切るなんてもってのほか!何を考えているんですか!どうしてもと言うなら、悪役をこっちに押し付けず勝手に自分でして下さい」と断られたほうが、こっちも「もしインコに余計嫌われて手が付けられなくなったら・・・嫌われたら・・・」と思いあきらめたと思うし、むしろ信用がおける獣医さんだと私も考えたと思います。・・・死んだその日に呆れられるでしょうが、到底あの子をすぐに忘れられるわけもないし、いつまでも自分を責めて泣いていても、何も得るものもないと考え、また今日すぐ、ご縁があって来週月曜日に新しい雛を迎えることになりました。体格のいい瞳のかわいい子とのことです。今度は失敗したくありません。どうか先生のご意見をよろしくお願いいたしますm(__)m

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

私は個人的にクリッピングは行っていませんので、それには反対です。

その理由はあなたがおっしゃっているように、うまく飛べなくなるからです。それがさまざまな事故につながります。そのような事故で失われる命が多すぎるからです。また、骨折などしても治療できないことが多いからです。

もう1つ小鳥を部屋に出すことも同じ理由で反対しています。踏む、挟む、ぶつかる、茹でられるなど、さまざまな理由で命を落としています。鳥小屋を大きくするならいいと思いますが、人が生活している部屋は「大きい鳥小屋」にはなりません。

このことはいろいろな意見がありますので、これはあくまでたくさんの不幸な小鳥の死骸を見てきた私の意見です。たまたまそのような事故に遭遇する鳥もいるし、そうではない鳥もいるはずですので、やはり飼い主様の責任で、しっかり飼育できればそれでいいと思います。

yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験: 北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

先ほどは、ご回答ありがとうございます。ご厚意に甘えさせて頂き、もう少しだけ私の意見を聞いてやって下さい。この度のインコを迎えるにあたり、インコの飼育に関する本を数冊、インターネットのからの情報もいろいろ調べ、「私とインコが仲良く幸せになれる方法」をまず主眼に置き、考えた結果でした。その結果、

 

●「放鳥」時間は、朝30分~1時間、夜は1時間程度が適切な放鳥時間です。1時間以上出すときは、エサや水を用意しましょう。

 

●本来は大空を自由に飛ぶインコ。小さなゲージにずっといることが不自然であることは言うまでもない。活動空間やテリトリーが狭ければ狭いほど、人間にかまってもらえないためのストレスからくる毛引きなどの自傷行為などを起こしやすくなるし、ましてゲージに入れっぱなしにしておけば、もともと手乗りであっても野生化するので荒鳥になる。

 

●放鳥時には目を離さないこと。つまり、忙しいからと言って「ながら放鳥」をすることは、人間の部屋には危険なものが多いため事故につながる。

 

●部屋に放し飼いにするのは厳禁。ゲージに返した時に、そこを巣箱と思い、部屋を自分のゲージだと思ってしまうため、無用な発情を促すことにつながる。

 

・・・ということが、異口同音にどこにも 書かれています。要は、「何のためにインコを飼うのか」ということだと思います。先生の仰るように「鳥小屋を大きくするならいいと思いますが・・・」というご意見も、単に屋外の禽舎のような小屋で「飼育してる」というだけなら別に構わないでしょうが(これも四季の温度差に強い個体ならという条件付きだと書いてありました)、あくまで犬や猫と同じようなコンパニオンアニマルとしての資質を持つ知能の高い動物として、インコを自分のパートナーとして共に暮らす目的からは大きく外れることになってしまいます。

 

それと、飼う以上は、常に健 康状態に気を配ることも必要不可欠だと思います。「エサはちゃんと食べているか」「混合シードの中で好きなものばかり選んで食べて栄養が偏っていないか」「糞の状態はどうか」「温度は適当か、寒そうにしていないか」・・・これらは身近に暮らすからこそ、毎日コミュニケーションをとり、個体と人間との信頼関係がもとになって可能になることです。生き物ですから当然個体差もあり、その子にとってベストの環境は微妙に変わってくることもあると思いますし、臆病な子、人懐こい子、止まり木をかじって破壊するのが大好きな子・・・つまり、インコの幸せは単に「生理的寿命を全うすること」ではないと私は思うのです。

 

今、こうして稚拙な文章を書いていて、迎えてたったの一週間でインコを野良猫にくれてやっておきながら悲しみ、インコの幸せは単に「生理的寿命を全うすること」ではないと思うなどど言っている自分の矛盾に気づかされました。インコは犬猫に比べて、首の骨なども弱く、生命力も弱いので病気であれ事故であれ死ぬときはあっけないものです。それをいちいち「発狂しそう」になるなら、最初から鳥なんか飼うなということですね。まず飼い主が強くならないとその責任は果たせませんよね。

 

時折、菩薩さまのような優しい表情を見せてくれた、あの子の写真も数点手元に残っています。鳥は天敵から身を守 るため、本能的に病気を隠す性質もあり、飼い主が気づいた時には手遅れのことも多いと聞きます。だからこそ、ふだんの健康チェックはしっかりしてあげてくださいね。と本に書いてありました。人間でも医療で救える命には限界があります。動物なら、なおさらであることは豊富な臨床経験からその厳しさを実感なさっているからこそ頂けたアドバイスと考え、真摯に受け止めさせて頂きます。次に迎える子は、先生のアドバイスに従い、クリッピングなしで、きちんと信頼関係を築き、必要なしつけができるよう、頑張ってみようと思います。本当にありがとうございました。m(__)m

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:Other.
お偉い先生のご意見ですので、参考にはなりましたが、私は「猫に取られた」と書いているのに「動物病院で受診して下さい」というのが理解不能です。今更どうやってこの子を診てもらうのでしょうか?お忙しいのかあまり質問文をよく読んでいただけていないように思えて残念です。ほかの先生のご意見も伺ってみたいです。
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

まず、「動物病院を受診して・・・」というのは、すべての冒頭にはいる定型文です。今回の場合には関係ありませんので、無視してください。申し訳ございません。

鳥小屋を外におくのではなく、大型の鳥かごが売っていますので、それを部屋の中に設置するという意味です。やはり、庭にいるのと、部屋の中にいるのとでは、だいぶ違いますので。

大空を自由に羽ばたいていたのを、飼育するのですから、当然鳥たちには無理を強いることになります。そのなかで、室内で放鳥するのは、飼育者のわがままであると感じています。死ななくてもいい命を少しでも減らすために、部屋に放すことは、個人的にはお勧めしていません。しかし、飼育方法は飼い主様に委ねられていることはいううまでもありません。

また、現在の鳥医学では、ペレットの効能が高く評価されているため、できれば、混合シード、青菜、ボレー粉というような従来どおりの食餌よりも、初めからペレットフードで育てたほうが栄養面ではいいと思います。

獣医師が書いた飼育書などで、ほかの獣医師の意見もぜひ参考にしていただき、ご自分の飼育理念とすり合わせてみられたらいいと思います。このサイトへの投稿の場合は、「飼育鳥の部屋の中での放鳥について」改めて投稿されるといいでしょう。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    75
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    75
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    3
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    0
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • /img/opt/shirt.png merqry さんのアバター

    merqry

    獣医師

    満足した利用者:

    177
    北海道大学獣医学部卒業Ph.D
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    173
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
 
 
 

鳥 についての関連する質問