JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

母が両足に障害のあるスズメを保護しました。両方ともグーではないのですが立ったり、止まり木をつかむ力はなくピョンピョン

解決済みの質問:

母が両足に障害のあるスズメを保護しました。両方と もグーではないのですが立ったり、止まり木をつかむ力はなくピョンピョンと跳ねながら移動します。足が外れているようではないように思います。もしかして栄養障害などで足が使えないのであれば必要な栄養が補給されればすこしでもよくなるのでしょうか?そのための餌などもよくわからずとりあえず小鳥の餌を与えて鳥かごに入れています。この足ではリリースは無理かもしれません。飼育していくうえでの注意点など教えていただけないでしょうか?小屋もどのようにしたらよいのかわかりません。
床の上にいるので毎日小屋は掃除をしています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

一般的にはビタミンB群の欠乏が起きやすいです。青菜をすって、今の食餌に混ぜるか、人用のビタミンBしか入っていないものを、錠剤であれば、すりつぶして、今の食餌にふりかけてください。動物性たんぱくは不足してしまっていると思いますので、ゆで卵の黄身を少し、食餌に加えてみましょう。これらの食餌療法を行って、10日前後でまったく改善がみられないのであれば、ビタミンB不足ではなく、骨折、脱臼、奇形、感染などが考えられるので、動物病院での診療により治療を始めてあげるといいでしょう。

人に慣れているならリハビリとして、指にとまらせて、把握力をつける練習をするとよいでしょう。フンが足につくと感染源になりやすいので、できるだけこまめに床材を取り替えてあげましょう。床材は新聞紙でしょうか?滑って不安定なようなら、砂やチップなどを敷いてもいいと思います。試行錯誤が必要でしょう。ただし、基本的には止まり木にとまってもらいたいので、止まり木は用意してあげましょう。

スズメも野鳥の一種で、野鳥を飼育する場合は、原則として、地方自治体に届けることが必要です(建前上だけの法律になっていますが)。もし今、今後保護飼育することが困難と感じていらっしゃるなら、そのときに野鳥を保護している団体や個人をご紹介してもらいましょう。

yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問