JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 495
経験:  都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

借金があります。本日完済の場合の残高がA社16万、B社35万といった形です。過去に自己破産経験がり、そういった人でも借り

質問者の質問

借金があります。本日完済の場合の残高がA社16万、B社35万といった形です。過去に自己破産経験がり、そういった人でも借りられるところなので利子は18%です。月1万円ずつ、計2万円ずつ返済していっておりますが、当然なかなか減りません。
またこの4月から病気を患ってしまい、仕事を辞めて、傷病手当金を貰って暮らしており、収入も減りました。月2万円の返済は全く無理でもないんですが、なんとかしたいと思い、相談です。
今、手元に返済にあてられるお金が20万円あります。任意整理などをやってる法律事務所に電話で相談してみたところ、A社を完済し、B社を任意整理してはどうかと言われました。
考えてみればあちらも仕事ですから任意整理の方に話を持っていくのは当たり前ですが、1社35万円の為に債務整理ってどうなんでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

任意整理に不安をお持ちのようですね。

方法しては、

①今後も 今まで通り返済を続ける。

②任意整理 をして、負債額を圧縮する。

③自己破産して、借金 を0にする。

が考えられます。

①は、確かに先は見えません。②は返済額は圧縮され、完済が早まります。③は借金は無くなりますが、今後5年間は借金ができなくなりますし、クレジットカードなどは使えなくなり、現金生活になります。

ですので、②が一番無難な方法と考えます。ただ弁護士費用が圧縮額 の何%かが報酬となりますし、着手金も取られる場合があります。

費用対効果でお考えになってはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございます。
現在無職でも任意整理などは可能なんでしょうか?
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

相手のあることですし、弁護士が仲介します。

収入があるに越したことはありますので、返済能力(資産などを含めて)があるかに関わります。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問