JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bhsy202に今すぐ質問する

bhsy202
bhsy202, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 501
経験:  日弁連消費者問題対策委員会委員 全国クレジットサラ金問題対策協議会会員
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

フリーランスのグラフィックデザイナーです。

解決済みの質問:

フリーランスのグラフィックデザイナーです。
友人である個人事業主(株式会社)からの依頼で制作した案件の請求が、古くは2013年の案件から数十件、未払いのまま貯まっています。
実際には、見積金額が決定しないまま案件が先に終了してしまう状態で、後から見積の相談をしていますが、返事がない、または値引きされて更に交渉するがまた返事がない、などで金額を決定してくれないため、実質請求もできないままになっているのがほとんどです。(一部請求書を出したものもありますが、未払いのままです)
このままでは売掛金の執行猶予がなくなる可能性があると思い、2016年4〜5月でやっと全ての案件の金額を決定してもらい、残高確約書(計100万ほど)を作成し、印鑑を押してもらいました。
(これでまた2年は支払い請求ができると思っています。)
現状、2016年6月末より分割で支払いが始まりましたが、これがもしまた止まってしまった場合、(督促状など?)どのような請求手段を取ったらよいのでしょうか?
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bhsy202 返答済み 6 ヶ月 前.

確約書もありますが,支払期限,支払い方法などは明記されていますでしょうか。

ここであきらかとなっていれば,今後は,支払督促や請求訴訟を簡易裁判所に起こして,裁判上で認めてもらっておく,

という段階ではないかと思います。

そうすると今後,10年間は請求できます。

そうしておいて,支払いがなければ,今後は差押えなどを検討する,ということになります。

裁判所を絡めるのはこれが目的でもありますので,この段階に進んでいった方がいいのではないでしょうか。

確約書で,残高は確認しているが,支払い方法が決まっていないとすると,分割払いの内容を確認しておく必要があります。

相手が勝手に分割にしているようなら,一括払いであることを出発点にして,未払い金額をいつまでに支払うように,という内容証明で催促し,

その後も支払いがなければ訴訟を起こす,ということになります。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。
支払い方法は、確認書では明記していませんでした。
まずは50万(最初に金額が確定した分)を三分割(6〜8月末払い)でとのことで、メールでやり取りしてOKしてしまっています。
残りの50万も分割を要求されていますが、せいぜい二分割(10月で完済)にして欲しいと思っているところです。
6月分は支払われましたが、今後の支払い期限については「確認書」などの簡素なものではなく、「内容証明郵便」を送った方が良いのでしょうか?
これは、今後「支払督促」や「請求訴訟」などの簡易裁判所が必要になってしまった(また支払いが滞った)場合、差押えなどの明確な手段をとるためには、(「確約書」ではなく)支払い期限も含めた「内容証明郵便」が必要、ということでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 6 ヶ月 前.

分割内容が決まっていないということは,こちらとしては一括,という前提ですすめていくことは可能かと思います。

基本的には一括払いですから。

その点を含めて,簡裁のときには,すでに支払期限が到来していること,その前提で請求することになります。

確認書だけでは,支払期限がいつかわからない,となってしまうとよくないので,

支払期限が来ていることを,督促したが支払ってもらっていない,という状況で示すために,

内容証明を送るなどするわけです。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12394;るほど…
既に支払期限が過ぎているのに支払いがないから簡易裁判にする、わけで、
その支払期限を証明しておくために、それを明記した内容証明を簡易裁判をする前に送っておく、
ということですね?実のところ、その友人とは他でも仕事上の繋がりがあり、約束だった先月からの支払はされており、今のところ今後も引き続き支払う意思はあるようなので、現段階で内容証明を送りつけて事を荒立てたくない、というのもあるので、
まずはこちらの望む支払方法(分割方法)と期限を明記した残高確認書に判をもらうことを要求しようと思います。
それを受け取ることができれば、今後に支払督促などの簡易裁判を起こす必要がでてきた場合、その確認書で簡易裁判を起こすことは可能でしょうか?
それとも、簡易裁判を起こす前にはやはり内容証明の送付が必要になるのでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 6 ヶ月 前.

新たに書いてもらおうとする確認書に,分割払いの内容を書いていれば,

それからは,その確認書をもとに裁判等をすればいいので,

あらためて内容証明などは不要です。

今から書く確認書ですが,どれくらいの期間の分割になるでしょうか。

以前に書かれていたように,2回分割程度ならいいですが,仮に10回分割だ,などということになれば,

支払いを2回以上怠ったら,直ちに全額を支払うこと,という条項は入れておいた方がいいです。

10回分割を認めてしまうと,支払いが遅れてきても,それぞれの支払期限が来ない限り,分割金を請求できなくなりますので。

2,3回の分割払いなら,そこまで求めなくてもいいかもしれません。

bhsy202, 弁護士
満足したユーザー: 501
経験: 日弁連消費者問題対策委員会委員 全国クレジットサラ金問題対策協議会会員
bhsy202をはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • shihoushoshikun

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    56
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    56
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    28
    都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    108
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    57
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    46
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    23
    弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    23
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
 
 
 

借金・債務処理・破産 についての関連する質問