JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1032
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

こちら海外在住者です。日本の会社から業務委託を受けて仕事をしていますが、3年前から支払いが全くない状態です。何度も支

解決済みの質問:

こちら海外在住者です。日本の会社から業務委託を受けて仕事をしていますが、3年前から支払いが全くない状態です。何度も支払いを要求しましたが「必ず払う」「払いたいけどお金が全くない」という回答で、情もあり、また他の人に仕事を取られたくないという思いもありそのまま仕事を受けていました。先日、知人から、この会社が弁済業務保証金制度を申し出ていると聞きました。どうやら本社を計画倒産させ、別会社で経営は続けていくという話らしいのですがかなり厳しい状況だと思います。このような場合でも未払い金の返済は可能なのでしょうか。未払い金額は500万円ほどです。
ただ、書面上での業務契約は交わしていません。勤務記録などは付けています。
社長に電話したところ、パニック状態で支払い計画を出そうにも支払いの目処が立たないという回答です。日本で専門家に入ってもらった方がいいと考えていますが、相手側が払おうにも払うお金がない場合、どうすればよいのでしょうか。今後、どのようなアクションを起こせばよいのでしょうか。ご回答お待ちしております。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
相手が支払いをせず,かつ,破産手続までやってしまうとなると,残念ながら回収はほとんど期待できません。破産手続をしてしまう前に,訴訟で請求権を認めてもらい,差押えをかけていくほかありません。別会社で経営を続けていくということなら,その別会社が今後どうなるかは分かりませんが,その別会社に,500万円の支払債務を引き継がせることがいいでしょう。その旨の債務引受の契約書や確認書を取り交わしておきたいところです。それには,できれば,代表者などの個人保証も加えておきたいところです。会社がダメでも,個人に支払い債務を負わせるためです。今の取引相手に支払いが期待できないなら,支払いに変わる何かを譲ってもらうか,新しい会社や代表者などが引き継ぐ書面を取り付けるか,いずれかの対応をしていくのがいいと思います。手続については,どういう書面を作成した方がいいかというのもあるでしょうから,具体的に弁護士に相談して,少なくとも案文だけをつくってもらうなどして,せっかく一筆書いてもらったが,法的には役に立たない,そういうことがないようにした方がいいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご回答ありがとうございます。会社があるうちに行動を起こしたほうがいいですね。ちなみに「弁済業務保証金制度」を申し出ているということは、すなわち破産・倒産を意味するのでしょうか。営業は通常通り存続しているようですが、やはり計画的な倒産にもっていくように会社を整理しているということなのでしょうか。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
例えば旅行業協会に弁済業務保証金制度がありますが,これは倒産などで問題となる行政庁のものと,何らかの被害に遭ったときに協会が対応するものなどがありますが,倒産してしまった場合につかう保証金制度となると,倒産なのですが,そうではなく,何らかのトラブルに関係するとなると,倒産するのかどうかははっきりしないことになりますが,いずれにしてもその対応を求めるということは,会社が対応できないということでもありますので,経営的に厳しい,そういう状況であるということはいえるのではないでしょうか。
bhsy202をはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問