JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 963
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

主人の経営していました医療法人が破産し管財人が整理しているのですが 個人の破産は免れましたが 個人の負担分として法人の借

解決済みの質問:

主人の経営していました医療法人が破産し管財人が整理しているのですが 個人の破産は免れましたが
個人の負担分として法人の借りた500万円とリーズ会社が債権回収に依頼した230万円が残りました(まだ支払っていません)
主人には義父の残した借金があり銀行の借り換えの話も進行中です(土地建物は主人の名義)
これから破産の際の730万円を支払い、銀行に返済していくためには主人の口座は底をついてしまうため
2月に50万円 3月に500万円私の口座から主人の口座へ移動しました
以前にも合計で1500万円賃貸借契約書を作成し移動しております。
まだこれからも移動しないとやっていけません
夫婦間では贈与税はかからないでしょうか?
この処置について法律的に問題はありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
夫婦間では,互いに扶養義務がありますので,通常必要とされるような範囲については,贈与税がかからないとされています。日常的な支払のために,妻が夫名義の口座にお金をいれる,というのは,この通常の必要な範囲である限りは,贈与税がかからないわけですが,この程度を越えると,贈与税の問題となることがあります。今回は,500万円と高額ではありますが,一方で負債の返済の意味合いもあるのですよね。ここは判断が難しいところかと思います。一方,借用証を書かれるとなると,これは贈与したのではなく,貸しただけ,ということになりますので,贈与税の問題とはならないと思います。詳細は税理士に確認した方がいいかもしれませんが,参考になればと思います。
bhsy202をはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問