JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

住宅ローンの返済ができなくなり15年くらい前に個人破産しました。 その際、妻が連帯保証人になっている債務が有り、現在まで

質問者の質問

住宅ローンの返済ができなくなり15年くらい前に個人破産しました。
その際、妻が連帯保証人になっている債務が有り、現在まで支払っていましたが、経済的な事情で支払いが困難になりました。
質問です。
連帯保証人の妻が個人破産した場合、子や孫に妻の債務の支払い義務が生じますか?
連帯保証人が個人破産した場合の債務と相続の関係について教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
連帯保証人が自己破産した場合、連帯保証人が負っていた債務は免責されます。つまり債務は無くなります。無くなった債務が子どもや孫に相続されることはありませんので、連帯保証人が自己破産した場合はその人が負っていた債務が相続されることはありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
妻の夫(私)及び子供も相続放棄の手続きをしなくても良いとのことでいいのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
奥さんが自己破産すれば債務は無くなりますので、相続放棄は不要です。ただ、自己破産すれば奥さんが持っている財産も全て無くなります。
shihoushoshikunをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問