JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 813
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

金銭の貸し借り・消費者契約 内容 個人経営で農業をしているものです。26年4月から共同経営で始めたのですが、昨年10月相方が辞めてしまいました。250万を運転資金として銀行から

質問者の質問

金銭の貸し借り・消費者契約
内容
個人経営で農業をしているものです。26年4月から共同経営で始めたのですが、昨年10月相方が辞めてしまいました。250万を運転資金として銀行から借りたのですがそのお金を2人でどのように分けて返済してけばよいのかお互い納得する案がでません。返済開始時期は29年1月からです。始める当初本来お互い250万ずつ借りる予定が相方は審査が通らず私のみ借りることになり、そのお金を一緒に返済していこうというはなしでした。なので私の名義で全額借りています。ちなみに農業機械、肥料、作業小屋、資材、ハウスの名目で借りました。返済の開始もまだなのですがそもそもこのような状況で借金の返済額を2人でわけられるものなのでしょうか?相方は約2年程しか勤めていないのに折半はおかしいのではないかという意見で、私は運転資金だし2人で返済していくつもりで借りたのだから途中で辞めても折半するべきではないのかという意見で割れています。どのような形が一番良いのか教えてください。
来週早々相方に会うことになっているので可能な限り早めのご返答をお待ちしております。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

確かに共同経営の運転資金として借りているものではあるわけですが,一緒に返済していく,というのは,共同で経営を続けていって,ともに利益を得ていく,だからこそ返済もお互いに負担して行っていく,

そういう前提だったのではないでしょうか。

逆の立場になった場合を考えてみると,経営から手を引いて,何も利益も入らないのに返済をしなければならない,というのには応じがたいのではないでしょうか。

もっとも,平成26年4月から平成27年10月までは,一緒にやってきたわけですね。その間,相手は何の利益も得ていないのでしょうか。

多少なりとも得たものがあったとすると,それはこの経営の関係で得られた利益な訳ですから,それに見合った分担を求めるということはありうることのように思います。

そうすると,250万円の半額とはいかないが,これまでの共同経営状況に応じた応分の負担は求める,というのではいかがでしょうか。

それがいくらか,ということになると,個別事情なのでここではなんとも決められませんが,得ている利益状況などから判断して相当な金額の負担を求めてみてはいかがでしょうか。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問