JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 955
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

お金について質問です。 娘夫婦が結婚した時、マンションを借りる敷金等、家具、日用品を私が立替払いしていました。

質問者の質問

お金について質問です。
娘夫婦が結婚した時、マンションを借りる敷金等、家具、日用品を私が立替払いしていました。
生活に余裕ができたらすこしづつ返してもらうつもりでした。ところが、一銭も返済がないまま離婚をしてしまいました。娘にはせめて敷金等の半額30万を返す様言い返済してもらっていますが、旦那の方がいっさい返す気がないようです。どうしても返済させたいのですが。ちなみに領収証はありませんし、借用書もありません。回収可能でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
立て替え払いをして返すということは,書面上などの約束がないということですね。
ただ,家具,日用品などについてのお金を借りていることは,認めているのでしょうか。それもとも,あれは借りたのではない,もらったものだ,などというのでしょうか。
これによっても対応が変わってくるのですが,
借りていることは認めていながら返さない,と言う場合,
夫婦には,日常家事の連帯債務責任というのがあり,日常的な家事に関する債務は,双方が連帯して負担しなければならないことになっています。こういった規定を利用して,夫婦にそれぞれ全額を請求していくことはできます。
これは,場合によっては裁判をして,その中で請求して,しっかりと支払わせることも可能です。
借りていることを認めず,もらったものだとなると,話がややこしくなってきます。
娘さんは,親子だからかえすのだろうが,俺は知らない,となると,
貸したものであることの証明をどうするか,ということになります。
証拠は何もないとなると,あとは娘さんの証言だけで裁判等して取り戻すことになりますが,
全額の回収まではむずかしいかもしれません。
あとは,離婚に伴う財産分与として,娘さんが,離婚相手から少しでもお金を支払わせる,そのかたちで取り戻す,ということも考えられますが,どうでしょうか。離婚から2年間は財産分与の話も可能ですので,その期間に間に合う状況であれば,ということにはなりますが。
ご参考になればと思います。
bhsy202をはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
追加の料金も支払になりましたが、答えは最初の一回で終わりなのでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
追加をしていただいたのであれば回答はいたします。
追加のご質問がありましたら,ご記入ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
離婚から2年はたっていません。今、相手が協定書に違反しているので親権を取り戻す裁判を娘がおこしている最中です。協定書にも負債はちゃんと返す様書いてあるのですが、私からの借金は知らん顔をしています。そうすると、具体的にどんな措置をとる事ができるのか知りたいです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返答が送られていません。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
協定書というのがあるのですね。
それは,離婚の際の条件をお互いで決めたもの,ということでしょうか。
そこに負債は返すとなっているとのことですが,その負債は妻(娘さん)に対する負債ということなのですね。
問題は,「私からの借金」といわれるものについて,証拠があるのか,貸したものだとの証拠があるのか,ということです。ここに証拠がないとすると,裁判上で貸金を返還するように請求することは,証拠不足で難しいことを覚悟しなければなりませんが,それでも訴訟を起こして返還を請求する,ということはひとつの方法です。
この訴訟には,絶対に勝てるという保証はありません。書面などの証拠がないことを裁判官がどう評価するかは分からないからです。一般的には,書面上などの証拠がないと,認めてもらえないことが多い,というところです。
強制的に回収をねらうには,訴訟をしていくほかありません。そうしない限りは差押えなどの強制的回収はできないので,相手が任意に支払いそうにない場合には,訴訟に出るしか方法はないと思います。
そこで,別の方法として,娘さんが実質的に取り戻せないか,というご提案をしたところでした。まだ2年経っていないということですが,協定書のなかで財産分与的な話も含めて書かれているのか,協定書の内容を確認する必要があります。
財産分与の話がなければあらためて請求する余地がありますが,何らか協定書で合意しているようであれば,さらに請求することは難しいことになります。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問