JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1035
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

52才になる県職員の夫に関する相談です。私は48才です。 結婚して20年になりますが、10年前くらいから夫が何

解決済みの質問:

52才になる県職員の夫に関する相談です。私は48才です。
結婚して20年になりますが、10年前くらいから夫が何も言わず、親戚やサラ金から金を借りるようになりました。額はそんなに多くなかったため、その都度、私が返済しました。
夫は金銭にルーズだと結婚前から聞いていたため、本人の給料通帳は私が管理しています。
使用用途は、家で飲む酒代です。ギャンブルはしません。
月何十万も使う状況ではないのですが、自己管理ができないため、小遣い制では不満でよく言い合いになりました。
数年前から夫の給料から労金の引き落としがされるようになり、給料明細も見せなくなりました。「やめてほしい」と言っても聞きません。推測では毎月10万くらい引かれていると思います。私も地方公務員のため、生活に困窮はしておりませんが、高校生の子供が2人おり、上の息子が大学受験となり、額が増えないうちに何とかしたいと思い、相談しました。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
なんとかしたいということの狙いは,お金の管理をしっかりさせたい,借り入れをしないようにしたい,ということでしょうか。
生活態度をあらためる,ということになると,ここは法的にどうこうということではなくなってしまいますが,
たとえば,金融機関ではなく,貸金業者からの借り入れをしないようにストップを欠けておきたい場合には,貸金業協会に借り入れをしないように届出をしておく方法はあります。これで,額が増えないように歯止めをかけることはできます。ただ,これは,本人が行うものになりますので,本人がそうしてくれるかどうか,ということになります。
家でのむ酒代にしては,金額が大きいように思いますが,郵便物等は注意して管理しておかれた方がいいと思います。何か情報が得られるかもしれません。
労金は,どういう借り入れなのか,聞いてみる手はあります。夫婦は,日常家事に関する債務については,連帯責任を負うので,生活費の借り入れならば自分にも関係する,ということで話を聞いていくことです。ただ,そういうものではない,個人的な借り入れだ,となると,個人情報などと言い出すかもしれません。そうなると,何の借り入れなのか,ということになってきますね。そういうことで話を夫から聞いてみる,ということになりますが,このあたりはどの程度まで,話し合いができるのか,話をしてもらえないということであれば難しくなりますね。
ご相談の段階は,まだ,離婚などは考えていない,ということだと思いますが,
思い切った手に出るのであれば,家庭裁判所に,夫婦関係調整(円満)をいう調停を申し立てる手段があります。これは,離婚を前提とするものではなく,うまくやっていくための調停というものです。裁判所に申し立てて,裁判所から夫への呼び出しが来るので,ショック効果は大きいと思いますが,そういうことをして,例えば家を出るとか,決定的な溝となってしまうケースもありますので,そこまでするかどうかは,ご夫婦の現状を見ながら,考えていく必要があります。
受験の時期でもあり,あまり波風を立てたくないということもあるでしょうから,こういった相談や,社会福祉協議会の心配ごと相談(弁護士同席もあるとおもいます)などを利用しながら,しばらくは,郵便物,携帯,メールなどのチェックを少し気にしていきながら,情報収集をはかって様子を見る,というのが実際的でしょうか。
bhsy202をはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問