JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

H15年12月に破産免責の決定しました。一件債権者名簿から漏れていた債権者から返済を求められました。この債権者には破

解決済みの質問:

H15年12月に破産免責の決定しました。一件債権者名簿から漏れていた債権者から返済を求められました。この債権者には破産するさいに相談に行き(一番金額の多い債権者で)その当時はJA**市農協で現在はJA**、**、で弁護士を紹介してもらい(農協の指定弁護士と思います)**市**************の ***法律事務所で破産手続きをして頂き、裁判所より破産免責の決定を受けました。当然農協の債権ま含まれていると思い現在に至った次第です。 自分と妻名義の家屋と妻の母名義の土地も処分して債権の一部として農協に支払いました。その後は住んでいた家屋は子供名義で購入し(農協より)現在は子供が支払っています。生命保険も担保として農協が押さえています。 手続きの事務費が必要なら支払います。〒局か銀行口座をお知らせください即時ゆうちょうダイレクトで支払いますまので即入金確認ができると思います。宜しく

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>H15年12月に破産免責の決定しました。一件債権者名簿から漏れていた債権者から返済を求められました。
→免責決定がおりた場合、破産債権の存在を失念して、債権者名簿に記載しなかった場合、免責されるのか、という問題です。

破第253条第1項は「免責決定の通知が確定したときは、破産者は、破産手続きによる配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権についてはこの限りでない。」として、

同第6号は「六 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権」をあげています。

ここにいう「破産者が知りながら」とは、債権の存在を失念したため、債権者名簿に記載しなかったことにつき過失の認められる場合も含むと解せられます(判例同旨、神戸地判平元・9・7 判六§253 -9)。

なぜなら、免責は私的自治の原則の例外であり、その恩恵を受けるためには、破産者に帰責事由のないことが要求され、失念していたため債権者名簿に記載しなかったことにつき過失のない場合でなければならないところ、本件のように債権者が長期にわたって債権を行使しなかったため、破産者が破産債権の存在を失念していた場合は、過失の不不存在が認定されるとみるのが相当だからです。

よxtぅ
質問者: 返答済み 2 年 前.

難しい法律用語は難解で良く分かりません。端的に回答お願いします。又聞きですが債権の請求権は10年と聞き知りましたがH15年12月からH27年6月まで一度も債権の支払い請求が無いと言う事は10年以上経過しているので債権自体無効ではないのですか?

又本件の場合は債権者が弁護士迄紹介して自分の債権を知らせ無いという事が良く分かりません。他に何か意図があるのでしょうか?ただ連帯保証人が少額の金額を支払っています。ので自分の方に債権の請求しなくても請求した事になりますか。宜しく。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.

→説明は弁護士からあったはずだと思いますが。 債権の消滅時効10年は、破産債権には適用ありません。適用すれば免責制度の趣旨を没却する(無にする)からです。これがまかりとおれば、破産する人などはいなくなります(ほおっておけばよいわけですから)。

>本件の場合は債権者が弁護士迄紹介して自分の債権を知らせ無いという事が良く分かりません。他に何か意図があるのでしょうか?
→申立人の過失であると思います。しかし、その過失に無理からぬ事情があれば、免責されるということです。

>ただ連帯保証人が少額の金額を支払っています。ので自分の方に債権の請求しなくても請求した事になりますか
→なりません。あくまで個別に判断することになります。

>>免責決定がおりた場合、破産債権の存在を失念して、債権者名簿に記載しなかった場合、免責されるのか、につき、
 ここにいう「破産者が知りながら」とは、債権の存在を失念したため、債権者名簿に記載しなかったことにつき過失の認められる場合も含むと解せられます
→本件では過失はなかったということであれば、免責の効果を享受できます。これが結論です。

kionawakaをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問