JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2285
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

不動産の差し押さえ解除の仕方 離婚訴訟で訴えられ、その途中で不動産の仮差し押さえをされました。仮差し押さえから3ヵ

質問者の質問

不動産の差し押さえ解除の仕方
離婚訴訟で訴えられ、その途中で不動産の仮差し押さえをされました。仮差し押さえから3ヵ月後に訴えが取り下げられ訴訟は終わりました。これは10年以上前のことですが、今、不動産の売却をしようとした所、この仮差し押さえが登記簿上にまだ残っているため売れないとの事で困っています。どのような方法でこの仮差し押さえを解除すことが出来るでしょうか?次のようなことも考えられますがどうでしょうか?
1. 当時の原告側弁護士に解除を請求する。
2. 原告に解除を請求する。
3. 私の新たな弁護士に依頼する。
4. 司法書士に依頼する。
尚、この訴訟関係の書類は一式手元にあります。
以上よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
Customer: 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。仮差押の登記は本案の訴訟が取消されるだけでなく、仮差押命令の取消の申立てをしなければ抹消できません。今回のケースでは、専門的なことで言うと「事情変更による保全命令の取消」を申立てることにより、仮差押登記の抹消をしていくことになります。つまり、本案の訴訟が取下げられて不動産を仮差押する事情が無くなったので取消してください、という申立てをするということです。この申立てをするには弁護士か司法書士に依頼したほうが良いでしょう。手続きが複雑なので難しいです。司法書士ならば比較的金額も安価になります(5万円から8万円くらい)。仮差押登記は裁判所の嘱託により行われますので、裁判所には保全命令の取消を申立てれば仮差押登記も抹消されることになります。
Customer: 回答に関して不明な点がありましたら補足しますので評価の前に返信してください。
Customer: 回答が参考になりましたら評価をお願いします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問