JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

借金?の事で質問します。4年前にマージャン賭博で100万位を借り利息(暴利)で400万の借用書を書かされました。その

質問者の質問

借金?の事で質問します。4年前にマージャン賭博で100万位を借り利息(暴利)で400万の借用書を書かされました。その後700万位支払いましたが領収書はもらっていません。警察関係の電話相談をしましたら、支払った金額と何時頃支払ったかが大よそ分れが大丈夫なので近くの警察署に相談に行ってくださいとの返事でした。又法廷以上の利息を請求した場合は罰する事も余分に支払ったお金は請求可能と言われましたが本当でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

 利息だけでなく元本もそも無効です。なぜなら、賭博に参加して金員を掛ける賭けること自体、賭博罪(刑185条)が言該当し禁止される反社会的行為であり、賭博による借金は、公序良俗に反する(民90条)ものとして無効だからです。このように賭博による借金の返済義務はー公正証書化された場合を除きーありません。本件では単なる借用証書ですから、その文書自体無効です。しかしあなたが既に支払った金員の返還請求はできません。なぜなら、自ら社会的に非難されるべき行為をした以上、それを理由に自己の損失を取り戻すため法の救済を求めることは、その心情において責められるべきだからです(不法原因給付 民708条)。なお本件は公序良俗違反の行為であって、出資法違反又は過払い金返還請求の問題ではないと思います。

JACUSTOMER-ybxu1w65- :

今後の支払いを拒否して支払わなかった時に借用書をたてに電話や自宅に来る等で支払えと言われた場合はどのように対処すべきですか?又脅迫等の罪には該当しないのでしょうか?

kionawakaをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

今後の支払いを拒否した場合に、借用書をたてに電話や自宅に来る等で支払いの催促を受けた場合はどのように対処すべきですか?

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
電話の場合、無効な契約なので、強要罪(刑223条)、恐喝罪(刑249条)、脅迫罪(刑222条)が成立しますし、自宅に押しかけた場合は、それにプラスして住居侵入罪(刑130条)が成立します。「公序良俗違反(民90条)の借用書に基づいて警察に告訴する旨告げてください。また既払い金の領収書も請求してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。回答内容を相手に伝えて返済の拒否を致します。

質問ですが、賭博での借用書は無効との事ですが文面に記載されている訳ではないので違うと言われて場合の証明する方法が無いのでは?又、およその支払った日時と金額はわかりますが、相手が受けとっていないと言ったときはどうなるのですか?相手の手元にある借用書は返却してもらいますが、返却してもらえない場合は借用書が一人歩きしませんか?

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
なるほどそうでしたか。借用書には賭博とは書かれていないということでしたね。しかし、利息制限法で元本いくらに対して利率は年●%と決まっていますので、「暴利」とおっしゃるのでしたら、利息制限法違反、更に上回る場合は出資法違反ともなりますので、その方面からも無効と主張できると思います。ただこの場合も暴利と知りつつ任意に支払った分は有効になってしまいます。

それに原因行為が無効の場合、その無効な契約に基づく金銭消費貸借も無効との主張も可能でしょう(原因関係上の抗弁)。

賭博の日時は証明可能でしょう。相手が受領していないといった場合は、残りは公序良俗違反で、残額の請求権もない、と主張することが可能でしょう。

借用書の一人歩きですが、手形の場合はありえますが、文言性というものが借用書にはないので、原因関係上の抗弁を提出すればよいでしょう。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問