JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

お金を貸しています。40万円貸しておりました。 3年したらということでしたが、5年となり、その後も何度も約束はする

解決済みの質問:

お金を貸しています。40万円貸しておりました。
3年したらということでしたが、5年となり、その後も何度も約束はするんですが、月単位で延ばし延ばしとなっています。
また、こちらとしても借金取りみたいな感じになっているのがとっても嫌です。
連絡してもまったく出られません。会社を経営しておられるのですが、返そうという誠意も感じられません。
簡単なものかもしれませんが、借用書を書いていただいてはいます。
それでどうにかして返してもらええるのでしょうか?自分が伝えてもまったく動きがありません。
今日、法的に処置をしてもらう話をしてきたら「それだったら」ということで質問してみることにしました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
質問料は普通請求できないですね。裁判費用と同様、権利者が自己の権利実現にためにかける費用ですから。そんなことを言い出したら、弁護士費用や内容証明代も全部被告に費用をかぶせられることになってしまい、みんな我勝ちに請求しまくるようになります。自分は一銭も払わずに回収できるはずがありません。

精神的慰謝料も普通貸し金の場合請求しません。遅延利息、延滞利息のようなものはありますが。たとえばプロの金貸しに慰謝料請求権はありえません。

通常借用書には、延滞利息の文句も書き入れますかた、貸主はそういった取立てのストレスからは開放されます。

5年ということですから、10年で時効にかかりますね。

少額訴訟を起こすのが早いと思いますが、まず内容証明で残額を請求することです。その上で一部一括、残額分割弁済のような柔軟な債務承認および弁済に関する念書を作成することです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

少額訴訟というのはどこで起こしたらいいものですか?

30万円返ってこなくても、返してもらって、その中から支払いができるならまったくかまいません。

分割やらで返してもらう案はいいなと思いました。

念書は書面があったりするのでしょうか?

また、職権のある方からその人に連絡をしてもらえたりできたらまたいいかなとも思っています。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_08/
60万円以下ー相手方の住所地管轄の簡易裁判所です。

債務弁済に関する念書は、裁判の結論として裁判所が作成する場合もありますが、弁護士・司法書士・行政書士等が依頼に応じて作成することもあります。
いくつか見本を貼り付けておきます。

http://www.tsuge-office.jp/saimusyouninbensaikeiyaku.htm

http://www.proportal.jp/links/syakuyou3.htm

kionawakaをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問