JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

初めまして 63才男性です、知り合いから約3年前に無利子で160万借りて月5万円ずつ返済し完済しましたが 160万の

解決済みの質問:

初めまして 63才男性です、知り合いから約3年前に無利子で160万借りて月5万円ずつ返済し完済しましたが 160万の金利15%支払えと一方的に行ってきました  個人で金融の免許も無いのに金利を払わないといけませんか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。


金融の免許がない者がお金を貸した場合でも、金利は発生します。

ただし、お金を貸した時に金利を15%と定めなかったのであれば、15%の金利を請求することはできません。

民法で定められた5%までしか請求することはできません。

【民法404条】(民事法定利率)
 利息を生ずべき債権につき別段の意思表示なきときはその利率は年5分とす

上記にあるように、お金を貸したときに金利を定めなかった場合の金利は5%の金利となります。

したがって、質問者様は年5%の金利を支払う義務はありますが、15%の金利を支払う義務はありません。



shihoushoshikunをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問