JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

差押え命令申してて書の作成はどのようにしたらいいですか?

質問者の質問

差押え命令申してて書の作成はどのようにしたらいいですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。
回答いたしますのでよろしくおねがいいたします。

一般の方が、差押を行う場合に、参考にできるWEBでもっとも詳しいものは、東京地方裁判所の民事執行センターのHPです。
http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/s-base.html

できるだけ、申立方法について具体的に回答したいのですが、前提となる情報がありませんので、伺います。

まず、強制執行をするには、強制執行により守る権利の存在が公的に確定されている必要があります。その権利を示す文書を債務名義と呼びますが、債務名義はお持ちですか。
債務名義となるのは次のようなものです。
判決、和解調書、公正証書(執行認諾文言あり)

次に、差し押さえの対象となる財産はどれを想定していますか。
例えば、不動産、預金債権、給料債権、売掛債権、動産(現金、自動車等)などですが、どれを考えていますか。
また、その所在はわかっておりますか?

最低限、これらの情報がないと申立書は作れませんので伺います。

ご検討よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答有難うございます。


 


会社対会社の債権です。


すでに裁判で判決も出て強制執行ができる執行文も届きました。差押え対象は相手の口座です。登記簿を3者のを取り寄せるよう言われ、4000円の印紙、2566円の切手それから「差押え命令申してて書」を作成するように言われました。


 


 

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
そうすると「債権執行」ですね。
必要なのは、債権者(あなた)、債務者(相手方)、第三債務者(銀行)の登記簿謄本(全部事項証明書)です。

支店の特定が必要ですから登記簿をとる際、第三債務者の支店の名称が入るよう、支店の記載のある登記簿謄本を取って下さい。


申立書の記載例は、次の通りです。
(民事執行センターHP http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/s-uketuke/PDF/mousitate/mo1-01.pdf)

=================
債権差押命令申立書

○○地方裁判所民事御中

    平成年月日
    申立債権者 株式会社○○
     上記代表者代表取締役 印
     電話
     FAX

当事者  
請求債権別紙目録のとおり(当事者目録、請求債権目録、差押債権目録は別紙にします)差押債権

債権者は,債務者に対し,別紙請求債権目録記載の執行力ある債務名義の正本に記載
された請求債権を有しているが,債務者がその支払いをしないので,債務者が第三債務
者に対して有する別紙差押債権目録記載の債権の差押命令を求める。

■ 第三債務者に対し,陳述催告の申立て(民事執行法第147条1項)をする。


添付書類

1 執行力ある債務名義の正本 1通
2 同送達証明書 1通
3 資格証明書  3通
================

当事者目録書き方(http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/s-uketuke/s-toumoku.html)

1 当事者(債権者、債務者)
 
執行力ある債務名義の正本に記載されているとおりに記載する。


2 第三債務者(銀行の場合)支店名まで必要です。
(送達場所は支店になります)

    〒○○○-○○○○ 東京都……
          第三債務者 株式会社○○銀行
                   代表者代表取締役 ○ ○ ○ ○
           (送達場所) 〒○○○-○○○○ 東京都……
                   株式会社○○銀行○○支店

==================

請求債権目録の書き方(判決の場合)
以下を参照して下さい。(細かい不明点は、お答えできます)

http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/s-uketuke/PDF/seimoku/sei1-01.pdf


=================

差押債権目録の書き方(預金の場合)

これをご参照下さい。
銀行名、支店名等を埋めるだけです。

http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/s-uketuke/PDF/sasimoku/sa1-02b.pdf


以上の書類をとりあえず印刷して、埋められるところを埋めてみて下さい。
その上で、不明点などあればまたご質問下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございます。


とりあえず一度やってみます。


 


それから補足質問ですが、別の第三者が先に仮押さえしてますが、私どものほうが先に判決出ています。


執行が後になりましたけど大丈夫でしょうか?


 


 

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
仮差押えされている預金に対し強制執行する場合、次の通りとなります。

(1) 仮差押えがなされていない部分だけで、差押債権が満足を受ける場合
 つまり、預金が充分あり、仮差押え部分を除いても、充分回収できる場合です。
 この場合、差押債権者は、第三債務者(銀行)に対し取り立てて、回収することができます。

(2)預金額が、仮差押債権額と差押債権額両方の回収に足りない場合は、配当になります。
 第三債務者は、法務局に、供託しなければなりません。その上で、裁判所によって、配当が実施されます。 
 そこで、あなたは、全額の回収はできません。仮差押え債権者の配当分が除かれます。
 なお、仮差押えをした債権者は、裁判で勝訴しないとこの供託金から回収できません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もすみません。


 


一度書いてみました。


その中で資格証明書とあるのは何のことですか?


それから、以前の支払督促申しててにかかった費用は請求できないのでしょうか?


判決では裁判にかかった費用は債務者がすべて支払うことになっています。


裁判所に送った書き留の費用とかも請求できますか?


請求できるのならどこで請求したらいいですか?

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
申し訳ございませんが、明日回答いたします。
よろしくお願いします。
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
お答えします。

まず、資格証明書とは、法人の場合の代表者は誰かを示す書面です。つまり、代表取締役が記載されている登記簿謄本です。

支払い督促を含めた訴訟費用は、別途の手続で確定手続が必要です。

これは、裁判を行った裁判所書記官が、受付になります。

この訴訟費用確定処分を受けて、今回請求する判決で認められた債権(判決主文に記載されている部分)に加えて、確定された訴訟費用を「請求債権目録」に記載します。

なお、訴訟費用は、裁判所に納めた印紙切手のほか、日当、書類作成費用等、請求できる項目と費用額は予め算定方法が決まっております。
以下は松山地裁のHPのものですが、参考になりますので記します。
http://www.courts.go.jp/matsue/vcms_lf/36-1kakuteisyobunnmousitatesyoteisyutunituite.pdf
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございます。


最後に提出書類の確認ですが、


1、債権差押命令申立書1通


2、差押債権目録1通


3、請求債権目録1通


3、当事者目録1通


4、判決正本及び執行文1通


5、送達証明書1通


6、資格証明書3通 以上でよろしいでしょうか?.

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
差押債権目録、請求債権目録、当事者目録は、通常4通以上求められます。
申立をしようとする裁判所に確認して下さい。

また、第三債務者(銀行)への陳述催告の申立も必要です。
これがないと、いくら差し押さえたのか、差し押さえはできなかったのかを回答してもらえません。

また、郵券等も申立裁判所に確認済みでいいですね(裁判所は、陳述催告のための郵券も教えてくれます)。
fplawyerをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

債権差押命令申立書の下の方に第三債務者に対し、陳述催告の申立(民事執行法第147条1項)をする。


と書かれていてそこの□にㇾを入れるような書式になっています。


 


それではだめでしょうか?


 

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
それで問題ありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


早速送ってみます。.

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
裁判所は、丁寧に教えてくれますから、わからないところはすぐに聴いて、頑張って下さい。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問