JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

市税の滞納と国保の滞納で債権取立て機構に移行されると言われました。 分割納付もなかなか出来なかったのが悪いのですが

質問者の質問

市税の滞納と国保の滞納で債権取立て機構に移行されると言われました。
分割納付もなかなか出来なかったのが悪いのですが…
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。


税金の滞納を続けていると、債権回収機構に滞納税金の取り立てを移管することがあります。

その機構に移管されると、小額分納に応じなかったり、すぐに財産を差し押さえてきたりします。
機構に対して分納をお願いしても聞く耳を持ちません。
その場合には市区町村の納税課に対して是正を促しましょう。税金の徴収は市町村にあるはずです。
これからは、新たな税金はきちんと納付するという態度を示し、滞納している税金はきちんと分納に応じるという納付計画を示すことが大切です。

また、地方税法第15条には「徴収の猶予」というものがあります。災害や病気・著しい損失やそれに類する事実があったため払えないという場合に、納税者の側から申請できます。申請先は市町村長です。こうした制度を利用できるならば、そうできるかどうかも相談してみましょう。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問