JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

知人にお金を貸し、借用書も作りました。毎月2万づつ返済はしてくれていますが、貸した金額が450万あり、今の時点でまだ

解決済みの質問:

知人にお金を貸し、借用書も作りました。毎月2万づつ返済はしてくれていますが、貸した金額が450万あり、今の時点でまだ390万程残金があります。
本人は、仕事をしていますが、沖縄で仕事をしているのと、住む場所がドリトミーということで、給料のなかで2万が限界だと言っています。しかし、390万の残金を2万づつ返済されても、いつまでかかるのか、それを毎月私が連絡してから支払いがされるという不安もあり、知人の弟に連絡をしたら、それが本当なら、本人に確認してから返さなければいけないと思いますよと言われました。
しかし、本人は、身内に連絡されたのがわかれば逆上し、残りは支払わないと言うような人です。
この場合、どうしたら良いのでしょうか。
こちらの方には、借用書、月々振り込んでいる名前、金額が記載されてる通帳
くらいしかありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 月々の支払い=債務の承認を行っているので、時効にはかからないででしょう。仮に判決をもらっても、払わない人もいますから。

 今のままだと、20,000×12×16.25年=3,900,000円ですから、16.25年かかりますね。

 全部回収できない可能性も視野に入れたほうがよいでしょう。破産でもされると1割しか返ってきませんから。

 いくらかでも回収できればもうけものと思ったほうがよいでしょう。
 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるにあらず。

  
質問者: 返答済み 3 年 前.

全額回収できないのはわかります。親から請求できないのかどうかをなのですが。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
  親と連絡がとれる場合は、親から回収するほうがよいでしょう。立替払い又は代位弁済になりますが、破産者の債務を親が代わりに支払うことはよくあります。ただ、裁判上の手続きとして親に請求するというのは無理ですが、裁判外なら可能です。
質問者: 返答済み 3 年 前.

その場合、振込の事実があることを口頭で言えば良いのでしょうか?


通帳のコピーなどを相手の親におくった方が良いのでしょうか?


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
  口頭ではダメです。
 文書で「息子さんは、債務の承認をされており、別紙のごとく、月々返済されております。」として、別紙に通帳のコピーを添付する。
 それと肝心の借用書のコピーを送付することです。
kionawakaをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問