JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

一度個人再生を申し立てしました。しかし、父親名義の土地を売却して返済すると言う事で申し立てを取り下げました。しかし、

解決済みの質問:

一度個人再生を申し立てしました。しかし、父親名義の土地を売却して返済すると言う事で申し立てを取り下げました。しかし、その土地が思う金額で売却できず、土地代金の返済をするとわたしの返済分まで残らなくなってしまいました。この場合、個人再生の再申し立てをすることは可能ですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

取下げ後、再度民事再生を申し立てることはできます。

事情が変化したのですから、問題ありません。

再生手続き中に、返済が困難にあり再度申立てする場合もあります。

ともかくも、再申立の準備をされるとよいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。この場合も最初に申し立てした時のように、申し立て時から半年くらい決定が出るまでかかりますか?

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
お答えいたします。

基本的な考え方としては、最初の申立と同じです。
前回の申立を復活させて、続けるのではなく、新たな申立として扱われるからです。

再生手続の運用は、各地域の地方裁判所によってかなり異なるので、必ず何ヶ月以内問い言うことはできません。
たとえば、支払能力を見るために、3ヵ月の積立を命じる場合もあります。また、追加する書類提出の時期などにも影響を受けますので。

今回、新たに会社に入られるということで、定期収入に変化があり、前回とは状況が異なるでしょうから、まったく新たな申立と同様に考えていいと思います。
fplawyerをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問