JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

雇用に関する質問ではなく株主に関する質問ですがよろしくお願いいたします。 私はある金融関連の株式会社の株主ですが、

解決済みの質問:

雇用に関する質問ではなく株主に関する質問ですがよろしくお願いいたします。
私はある金融関連の株式会社の株主ですが、会社の負債が大きく破綻しそうとのことで、臨時株主総会の招集案内を受けております。噂によると株主全員に均等に負債を負わせるべく、当日多数決で決めるのではないかとの、憶測もあり ます。
この会社は商店街のメンバーで組織され経営が素人のため放漫で、役員も報酬をとり、またなかには役員で会社から相当の借り入れをして返済していない事実もあるということです。当日これに関しては調査発表するとのことです。
私は一株主で役員でもないのに、負債を負わなければならない責任があるのでしょうか。
商法では株主には責任がないとあるので安心していたのですが、委託弁護士出席の今回の臨時株主総会で多数決で決まれば、それは合法でしょうか。
私も出資金がゼロになるのは仕方ないと思っております。
 よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
ご理解されているとおり、株主の責任は設立時に出資金を支出することに尽き、それ以上の責任を負わないというのが会社法による株式会社制度の大原則です。
株式会社というのは、出資者の責任を限定することによって出資者の安全を確保し、広く出資を集めるために創設された会社形態ですから当然のことです。
したがって、株主が被る損害はその有する株式が無価値になる=出資金が失われるというのが上限であり、それ以上に強制的に債務を負担させることはできません。
株主総会の多数決で議決したとしても、あなたが債務を負担することを承諾しない限り効力はあなたに及びませんから、心配ないですよ。
AEをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問