JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

公正証書を作成し、保証人を付けお金を貸していますが書面通りの返済がありません。 何度も約束を破られているのでとこと

解決済みの質問:

公正証書を作成し、保証人を付けお金を貸していますが書面通りの返済がありません。
何度も約束を破られているのでとことん戦うつもりでいます。
まず差し押さえの手続きを取りたいのです。
自分で動ける時間はあります。
弁護士の先生と司法書士の先生どちらに相談する方がよいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
弁護士は全ての手続きを代理しておこなってくれるのに対して、司法書士は書類作成とアドバイスのみ行うことができ、料金は弁護士>司法書士となります。
実際の料金は各弁護士、司法書士によって異なりますので、まずはいくつかの事務所に電話して料金を聞いてから検討するのが良いでしょう。

債務者が仕事をしており、ほかに預貯金等簡単に差し押さえられるものの所在がわからないのであれば、おそらく給与の差押えが第一の候補になります。
公正証書に「支払が滞った場合には直ちに強制執行を受けても異義は無い」という内容の条項を入れて作成してあれば裁判は省略することができますし、給与の差押えだけであれば書類の提出のみで手続きは進みますので、司法書士でも困ることはないでしょう。

また給与の差押えであればさほど難しくありませんので、ご自分で全ての手続きをとることも十分に可能だと思いますよ。
必要な書式はこちらの裁判所のサイトにありますので、参考にリンクを貼っておきます。
http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/main-creditor.html
AEをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問