JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

現在裁判中です。以前知り合った方から、当時投資関係の仕事をしていたことから投資金として預かりましたが、投資に失敗しま

質問者の質問

現在裁判中です。以前知り合った方から、当時投資関係の仕事をしていたことから投資金として預かりましたが、投資に失敗しま した。知り合いということから投資金預かったときに、借用書を2通(元本保証での借用証・配当での借用書)。結果、私に請求がきて個人間での貸し借りの問題になり1000万円請求されています。確かに受け取ったので支払うしかないと思いますが、当時の証拠等がすでになくなっており、相手は配当に対しての借用書は知らない・投資ではないと言われています。 訴えられた私は証拠がないので、相手の言うとおりになるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.

弁護士です。

 

これまでの訴訟でどのような対応をしたのかが大事です。

返済義務を認めてしまった後なら、証拠がなくても払うしかありません。

その点を否認したり、争っているのであれば、証拠がない場合には払わなくても良いことになります。

 

要するに、証拠を用意しなければならないのは原告側であり、質問者様側ではありません。

証拠がない、ということは質問者様に有利に判断される事情なので、質問者様の勝ちということになります。

 

しかし、今までの訴訟で「証拠がないけど認めます。」という対応をしたのであれば、

それを覆すことはできませんから、払うしかないのです。

 

費用捻出が大変なのはわかりますが、やはり1000万円の訴訟となれば弁護士を最初から立てた方がよかったと思います。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問