JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kanekiyoに今すぐ質問する

kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

離婚協議の財産処理について

解決済みの質問:

これから離婚をします。
マンションの頭金で義両親から融資をしてもらったお金でもめています。色々調べたところ私のほうから返す義務はないと思っているのですが、相手が行政書士に相談したら、特有財産として返還請求ができると言っていました。返す義務がない事は、前回の質問で確認できました。しかし、借用書はありませんが、通帳や仮にICレコーダーに残された音声も証拠となり得ると話を聞きました。 通帳は確認したところ、ネットバンキングではさかのぼれず、紙では合計記載という形で記録されていました。記憶では、そのお金は振り込みではなく、手渡しで譲渡され、相方が預入をしているはずです。 音声記録やメールの記録はまず残ってはいないと思いますが、当時に返そうかと話していたのは相方とだけで、義両親に話した記憶はありません。メールも送っていないはずです。この音声やメールの証拠というのは、当時の記録が証拠となるのでしょうか?もし、現在の記録も証拠なるならば、返す義務がないとわかっているが、義理があるので全額は無理だが返しましょうと相方に話をしてしまっています。この辺の解釈はどうなるのでしょうか? もうひとつ、そのお金を元手に車を購入しています。現在は、私が使用していて生活するために必要なものとなっています。車はどのような扱いになるのでしょうか? 質問が多いのですが、よろしくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

お聞きしたかぎり、やはり”貸した”という明確な証拠は無いように存じます。手渡しで受け取ったものを預け入れただけでは、誰が、何のために、そのお金を相手方に交付(あげた?貸した?)という証拠とは言えません。

 

このように直接的な証拠(契約書や覚書)が無い場合、間接証拠(メールやメモ、通帳の履歴等)を集められるだけ集めて、第三者が見て、これは貸したものだろうと思われるくらいの蓋然性があれば、裁判でその主張が認められることになります。

 

先にも述べたとおり、その当時相手方がそのお金を持っていたというのは確かですが、それが自己資金か誰かに交付されたものかは不確か、更にもらったものか借りたものかについてはまったく立証できるものではないと思われます。

 

私の経験上、もっと貸したものと思わせられるだけの物証がなければ、仮に義両親が請求したいと思っても認められない可能性が非常に高いので、実際に法的な手段(裁判)までとってくるようなことは可能性として低いかと存じます。

 

車についても同じです。そのお金を使って購入したという物証はどこにもないし、車自体を渡さないといけないなどといった心配はございません。

※お金の貸し借りと、それを何に使ったかは別問題です。仮にお金は借りたものということになっても、それはお金を返す義務があるというだけで、そのお金で買った物を引き渡さないといけないということではありません。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

度重なるご返答ありがとうございます。


 


申し訳ありませんが、もうひとつ。こちらの言動による記録はどうでしょうか?譲渡があった当時の記録は無いと思われますが、相手方との交渉において、全額は無理だが返す気持ちはあるとの発言をしています。それはどういう解釈になりますか?譲渡された時点の証拠がないと成立しないでしょうか?借りた意識があると取られるのを心配しています。


 


難しい解釈だと思いますがよろしくお願いします。

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

仮にそう言ったとしてもその客観的な証拠はありますか?

そもそも言った言わないという認識の違いがこのような争いになり、それを白黒つけるのが最終的に裁判です。

そして裁判では、その客観的な証拠(覚書や録音等)がなければ、覚えてない、知らないと否認すれば、相手方がその証拠をだして立証しなければならないことになります。

重要なのでは”客観的”な証拠です。

当人同士で言った言わないという話は、それだけで何かの証拠にはなりませんのでご安心ください。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。大体のものは把握しました。


 


しかし、意図したものと違う回答で少し残念でした。こちらとしては、時系列においての解釈をお伺いしたかったもので、、、


過去に証拠はない、しかし今は返すと言っている。この今現在の発言を上げ足を取るように言われるのではないかと心配していました。


 


こちらの表現の足らなさかと思いますが、申し訳ありません。

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

当時そのような約束が無かったのであれば貸付の約束は無かったということでしょう。

 

ただ、最近になって、贈与されたものだがあなたはその一部でも返還するといったということだと思います。

 

後で、あなたが返還すると言ったのだから当時もそのつもり(借りたつもり)だったと主張されることはありえますし、あなたがそれを認めるのであれば、それも出るところに出た場合、証拠の1つ(先に述べた間接的な証拠のひとつ)となりえます。

 

ただし、ここからが先に述べたことになりますが、その証拠は?と言った時に言った言わないの話だけで客観的な証拠がないのであれば、あなたがそれを知らない、覚えてないと言ってしまえば、実際にはその証拠はないのと一緒なので、結局はその発言によって返済義務を負うという可能性は限りなく0に近いという結論に至ります。

 

 

「補足」

もらったものだけど、後で悪いと思ってその一部でも返還するといったことで元々、贈与されたものが貸付られたものに代わるわけではありません。

 

しかし、その返すと言ったことが傍から見るとそういうということは元々借りてたものではないのかと誤解される恐れはあります。

そういう意味で、あなたがそうでないと主張するのであれば、その発言について肯定的な態度を取るべきではありません。

この発言ひとつで裁判で元々借りたものだったと認定されるとは思いませんが、少しでもそういったリスクを軽減しておきたいのであれば、今後は否定するか、きちんと前置き(元々もらった物だから返す義理はないが、善意で一部返還しても良いといった内容)をしたうえでご発言をすべきかと存じます。

 

 

 

kanekiyo, 司法書士
満足したユーザー: 481
経験: 大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
kanekiyoをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • shihoushoshikun

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    56
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    56
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    28
    都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    108
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    57
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    46
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    23
    弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    23
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
 
 
 

借金・債務処理・破産 についての関連する質問