JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

不貞行為による件なんですが もう相手側(自営業)とは話はついていて公証人役場を通じて送達も完了済みです。その手続きが完了してから半年近くになるのですが未だに振り込みはありません。一

解決済みの質問:

不貞行為による件なんですが もう相手側(自営業)とは話はついていて公証人役場を通じて送達も完了済みです。その手続きが完了してから半年近くになるのですが未だに振り込みはありません。一度弁護士の方にも相談しましたが 存在していそうな口座を探していき差し押さえることを言われました。でもただやみくもにやってもただ費用がかかるだけでさらにHitしたとしてもその口座に全然預金がない可能性もあるんですよね?こんなこと続けてたら相手にも警戒されて口座に預金を残しておかないですよね?なので今は無警戒だと思うので一発で決めたいというのが希望です。相手は自営(施工業)なので給料振り込みというのはなし。でも依頼者や関連業者とのやり取りには口座利用しているはず。自分が今できることは何でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

よろしくお願いいたします。

確かに、預金口座の場合、一度空振りになってしまうと、警戒されて、今度は予測のつかないところにもたれる可能性はあるでしょう。

しかし、相手は自営業ということですが、銀行からの借入はなさそうですか?
(もちろん、邦人の場合はダメですが・・)
借 入金があれば、その銀行に口座を開設しているはずで、しかも定期に一定額を入れるはずなので、この差押は相当いやがられると思います。

また、取引先はわかりませんか?
継続的な取引がありそうな所に、売掛金の差押をすることが考えられますが、
単発の個人との取引ではなく、継続的に仕事をもらっているところ(元請けなど)を探知することはできませんか?
継続的な取引があるところに差押をすれば、相当ダメージが有り、今後の任意の支払を求める材料にもなり得ると思いますが

いかがでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
付き合いがあるところは分かってます。
でもその人から口座を教えてもらうことは出来ないです。
ど〜ゆ〜ことでしょうか?何をしたらいいんでしょうか?
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
弁護士です。
回答が遅くなりました。

さて、相手方が、そのつきあいのあるところに、売掛金、つまり、金銭債権を持っていないでしょうか?

たとえば、50万円の工事代金請求権などです。

その債権を差し押さえすることができます。
仮に、相手方をA、そ の取引先をBとします。
AのBに対する工事代金50万円があるとして、それを差し押さえると、
BはAに対して代金50万円を支払ってはならず、差押をしたあなたに支払うことになります。

このように、相手方が取引先に有する売掛金債権を差し押さえるという方法も考えられますので、相手方が、どの取引先に、どんな売掛金を持っているかを調査することも一の方法です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
例えば、Bさん(依頼主)がAに施工をお願いしたとして そこでBがAに支払うべきものを押さえれるということでしょうか?

もしそうならそのBの存在さえわかれば あとは弁護士さんにお願いすればその後の手続きをしてくれるということなのでしょうか?

それらのことをするための費用はおそらくどれくらいでしょうか?
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
大変返答が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

回答いたします。

「例えば、Bさん(依頼主)がAに施工をお願いしたとして そこでBがAに支払うべきものを押さえれるということでしょうか?」

その通りです。

ただし、その場合でも、Bの存在がわかるだけでは、強制 執行(差押)申立のための情報として足りません。

BがAに対して、どのような代金を支払うのか、できる限り具体的に特定する必要があります。

例えば、
・工事の名称(○○宅建築工事など)
・契約日
・工期
・工事代金

このすべてがないといけないと言うことではないのですが、裁判所が差し押さえ手続きをする際、裁判所は、Bさんに対し、差押命令を出すのですが、Bさんから見て、何がどの程度の範囲で差し押さえられたのかが明確にわかるようにしないといけないのです。

例えば、AとBが複数の契約をしるような場合に、どの契約に基づく代金債権を差し押さえるのかわかるようにしてあげないといけないのです。

このような事情を知りうるのであれば、弁護士に依頼して差し押さえて続きをするのがよいです。

弁護士費用については、各事務所によって異なるので、お答えできません。

裁判所に納付する費用の目安は、こちらをご覧下さい。
http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/s-uke-1.html
なお、切手代は裁判所によって多少異なります。
(裁判所に支払う費用は、最終的には、差し押さえた相手方の財産から回収できます)

fplawyerをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
最後にもう一点だけ。

これまでのアドバイス以外でさらに有効な策はありませんか?

策がひとつでは不安なので。

プロならではの経験をいかしたなにかをお願いします。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問