JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私は貸主です。ある債務者と返済についての交渉を行うことになりました。 そこで相手方が代理人弁護士を立ててきておりま

解決済みの質問:

私は貸主です。ある債務者と返済についての交渉を行うことになりました。
そこで相手方が代理人弁護士を立ててきております。
そこで問題なのですが、代理人弁護士の人が日弁連から複数回の懲戒処分を最近まで受けていたようなのです。
このような弁護士の先生と対する場合に配慮する点について教えてもら えますでしょうか。
債務者は返済の意思は見せつつも、1年超返済が滞り、ここにきてこちらの催促で弁護士をあてがった状況です。
そのあてがった弁護士がこちらの弁護士で、彼はそれ以外にも(まっとうな)弁護士を持っていることも知っています。
そういった中でこういった弁護士を指名している意図なども分かりかねる部分があり教えてもらいたいところです。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こんにちは、弁護士です。

なぜ、そんな人に頼んだのでしょうね。
複数回ということは、相当悪質なんだと思うのですが・・・。

さて、注意する点ですが、懲戒された理由にもよるのですが、
相手の弁護士が仕事をしなかったり、その依頼者(質問者様にとっての債務者)のお金を使い込んだりといった事態が想定されます。
特に、仕事をしないといったことは十分にありえます。

そうすると、質問者様から「支払はどうなってる?」などの問い合わせをしても、
返事がなかったり、返事をしても約束が守られなかったりということはありうるでしょう。
あまりに進行が遅いようであれば、法的手続に移行したり、
あるいはこちらからの連絡に返答期限を設けるなどしてください。


>そういった中でこういった弁護士を指名している意図なども分かりかねる部分があり教えてもらいたいところです。

これはなぜなんでしょうね。
単に、知らずに依頼してしまったか、他に頼れる弁護士がいないかというところだと思いますよ。
また、これもトラブルが多い弁護士につきものなんですが、言うことがでかいということはあります。
「俺に任せておけば、こんなの大丈夫だ」と、口だけ達者な弁護士っています。
そういうトークを真に受けているということもありえます。

複数回の懲戒処分を受けている弁護士に頼むなんて、どう考えても、合理的な選択ではありませんよね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返事をしても約束が守られないという内容を頂きましたが、


弁護士の怠慢に対して、その該当弁護士を訴えることもできるということでしょうか。


現在は弁護士との会話になるので、今後、債務者とコミュニケーションできず弁護士の怠慢を訴えるすべが見当たらないように思われます。


よろしくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
あまりにも怠慢であれば可能です。
その怠慢のせいで権利の行使が遅れるわけですからね。

また、あまりにも返事がない場合には、弁護士にひと言「何らのお返事がいただけませんので、本人に請求します。」添えて、弁護士をとばして交渉することも考えていいでしょう。

弁護士の怠慢のせいで時効消滅してしまっては大変ですから、
慎重に臨んでください。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問