JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

22年間コンビニを経営してきました。 売上が順調な時は5店舗ほど経営してきましたが、銀行からの借入金の返済が滞り、

解決済みの質問:

22年間コンビニを経営してきました。
売上が順調な時は5店舗ほど経営してきましたが、銀行からの借入金の返済が滞り、リスケで何とか持ちこたえてきましたが、現在は1店舗のみ経営しております。
現在、銀行からの借入金残高は約1億近くあります。
個人の預貯金もゼロに等しい状態です 。
現状では全く返済のめどが立たず、どうして良いか分からない状態です。
借入金の担保は私個人の自宅と兄名義の土地です。
担保物件を売却しても良いので何とか会社を倒産させずに現在の店舗を経営して行きたいと考えております。
どこに相談してよいか迷っております。
なにとぞ助言を頂ければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

ご自身の自宅及びお兄様名義の土地を売却しても良いということであれば、まずは不動産屋に相談して売却金額の査定をしてもらいましょう。

 

原則として、抵当権が付いたままでは不動産を売却することはできないため、担保物件の売却のためには、現在不動産に設定されている抵当権を銀行に外してもらわなければなりません。
預貯金もゼロに等しい状態であり、全く返済のめどが立たないという状態であれば、残債務の返済には売買代金を充てるほかはなく、担保物件の売却代金で残債務を完済できることが前提になります。
もし担保物件の売却代金が残債務に満たない、いわゆる担保割れの状態になってしまっている場合には、その不足分は他の金融機関で借り入れをしたり親戚等に頼るなどしてなんとか用意するしかないため、まずはどのくらいの金額で売却できるのかを調べ、不足分があればそれを用意する方法を考えましょう。

 

不足分が多額でどうにもならない場合は、厳しいようですが債務超過で返済不能ということですので、残念ながら破産などの法的整理手続きで会社を畳む方向で考える必要があります。

AEをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問