JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

保佐人についてお尋ねします。後見人制度をみてみますと、保佐人とは判断能力が著しく不十分な方である程度は自分でできるが

解決済みの質問:

保佐人についてお尋ねします。後見人制度をみてみますと、保佐人とは判断能力が著しく不十分な方である程度は自分でできるが、重要な財産上の行為については、一人ではできない方とあります。他方家庭裁判所提出 の診断書では保佐該当とは自己の財産を管理・処分するには、常に援助が必要である方。とかいてあります。以上の事と事理弁識能力を考えると、日常生活の買物とかは自己の財産を管理・処分するに該当するのでしょうか?。それとも財産の管理・処分とは例えば、契約書を交わすぐらいの法律判断を要する事項と考えていいのでしょうか?。考えをお聞かせ願います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
これだけの情報ではお答えできない質問です。

契約といっても不動産の契約、携帯電話の契約、コンビニででの商品購入などなどあります。
ですから、契約の内容次第といったところです。

なお、本当に日常の買い物は保佐人でも可能です。
コンビニで買ったり、衣服を買うなどの契約は、1人でもできるということです。
日常以外は全部できないと考えておけば大丈夫です。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問