JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

いろいろ有難うございます。助かります。特別抗告はご指摘の通り、具体的理由をあげ、半分ほど書き上げました。憲法14条、

解決済みの質問:

いろいろ有難うございます。助かります。特別抗告はご指摘の通り、具体的理由をあげ、半分ほど書き上げました。憲法14条、15条2項、32条などに該当するように かいています。妹との遺産分割は2月7日に地裁で和解が成立しました。ところで特別抗告をしたからといって高裁がこの和解を妨害するということはないのでしょうね。特別抗告ではどうしても高裁の判断ミスを指摘するものですから、まさかとは思いますが質問した次第です。地裁からは第9回弁論準備手続調書(和解)と言うタイトルで当事者の陳述等の次の行に当事者間に次のとおり和解成立ということで調書が送られてきました。馬鹿な質問とは思いますが、なにせん訴訟は初めてなものですから、宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
さすがにそれは大丈夫です。

裁判官が私情を交えて(いらっとするなどして)、別件に影響させることはありません。

和解は、裁判官が妥当だと考えている内容を勧めているはずなので、
基本的には乗っておいた方が得であることが多いです。

そのことを踏まえつつ、駆け引きをするのが通常です。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問