JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

550万のお金を知人に貸しました。 借用書はありません。 逃げられるのはわかっているので、自分で回収するには自信

解決済みの質問:

550万のお金を知人に貸しました。
借用書はありません。
逃げられるのはわかっているので、自分で回収するには自信がありません。
恋人関係にありましたが、別れようと思います。
ただ悔しい思いですが、回収する方法があれば教えていただきたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


多くの人が「借用書」などの契約書という証拠となるものや、「保証人」などの担保となるものを確保せずに他人に金銭を貸してしまい、後になってトラブルになるケースが数多くあります。

その方たちに最初にお話するのは、こういうケース でお金を回収できることは「ほとんどありません」ということです。

もちろんお金を貸したのであれば質問者様は返してもらう権利はあります。しかし借用書がなければ「証拠がない」と逃げられればそれまでです。
裁判になったとして、「相手に金銭を貸したことを証明してください」と相手から主張された場合に証明できるものがなければ負けることになります。

ですから、回収するためには相手に「金銭を借りた」ということを認めさせる必要があります。
今の時点でできることは、相手に「借用書」を書いてもらうことです。
「わたし(相手の名前)は、○○(質問者様の名前)から、金550万円を借り受けました。」という一筆を書いてもらうのでもかまいません。とにかく書いてもらえば何も証拠がないよりはましです。

それらの証拠があれば、相手が返済する気がなくても、裁判によって強制的に支払わせることができる見込みがあるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
借用書は書いてもらえることができると思います。 裁判となった場合、どれくらいの費用と、期間がかかるのでしょうか。相手と顔を合わせないといけないんですよね。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
裁判になったらどれくらいの費用と期間がかかるかという質問もよくされるのですが、一律にお答えす ることはできません。

すべて自分で手続きすれば費用は抑えられますが、実際のところは自分ですべての手続きをするのは難しいです。

そうなると弁護士にお願いするしかありませんが、これも費用は弁護士によって異なります。
だいたい着手金30万くらいで成功報酬が回収できた金額の10パーセントくらいでしょう。
かかる期間もだいたい半年くらいが多いですが、これも前後することがあります。

借用書は有効な証拠となりますので、必ず書いてもらってください。
shihoushoshikunをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問