JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

約2年前に、弟の義理の父親に、お金を貸しました。(義理の父が、町内のお金をAさんに貸してしまい、私に、一時的に埋め合

解決済みの質問:

約2年前に、弟の義理の父親に、お金を貸しました。(義理の父が、町内のお金をAさんに貸してしまい、私に、一時的に埋め合わせとして、貸してほしいといわれて・・・。) すぐに返済できるということだったので、お金を渡したのですが、まったく返してくれません。
 連絡がとれたときは「Aさんにいうから」「もうわけない」というばかりで・・・現在は、着信拒否までしています。義理に父の実の娘に連絡をとり、今までのいきさつを話したのですが、「よくわからない」であやふやに・・・。
 このままでは、お金が戻ってこないのでは、弟の話をしてもいいのですが、精神的に弱いので、できれば弟に知らせずにいきたいと思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

お手数ですが確認させていただけますか。

・借用書等をお取りになっていますか?

・貸している金額はいくらでしょうか?

・どうしても返してくれない場合は裁判所の手続きをしなければ回収は難しいですが、それはやむを得ないということでよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
返答、ありがとうございました。借用書として一筆、書いてもらいました。また、金額は36万です。裁判もしかたがないと半分は思っています。
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

借用書があるのであれば証拠としては強いです。

とりあえず弟さん以外のご親族で話のわかってくれる方を間に入れて、これ以上話し合いに応じてくれないのであれば裁判を起こしますよと言って、警告をしてみてください。
間に入ってくれる方がいらっしゃらなければ内容証明郵便を使って、いついつまでにお支払いなき場合は裁判手続きをしま すよと通知してください。

それでも全く進展しない場合は、やむを得ないですが裁判所の手続きを使いましょう。

①民事訴訟(少額訴訟含む)、②支払督促が今回の問題で使えそうな手続きです。

①民事訴訟を起こす場合、ご質問者様及び弟さんの義父の住所地の簡易裁判所が管轄になりますので、訴状を提出して頂くことになります。
訴状の書き方がわからない場合、窓口でも教えてもらえます。
ちなみに裁判所のHPにもひな型がでおりますので、こちらを埋めて提出頂いても構いません。
【貸金請求-訴状】
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_01/index.html

よく質問されるのですが、弁護士や司法書士に依頼しなくても自力で訴訟を起こすことが可能です。
36万円ほどの貸金請求であれば、印紙代と切手代として1万円弱くらいで裁判を起せます。
なお、60万円以下の請求であれば、民事訴訟の中でも少額訴訟と言う手続きを使うこともできます(訴え方は特に通常の訴訟と代わりませんが、訴状の中に少額訴訟を使いたいとい旨を記載していただきます。)。
少額訴訟は通常の民事訴訟と違い、原則1回の口頭弁論ですべてを判断してしまう迅速な手続です。
一般の方によく使われている制度でもあります。何度も何度も足を運ぶのは嫌だ、でも裁判官に判断してもらいたいという希望があればこの手続きもお勧めできます。

少額訴訟の解説についてはこちらのページをご参照下さい。
【少額訴訟 -裁判所HP】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_02/index.html

もっと初期費用や手間を抑えたい場合は、②支払督促という簡易裁判所の手続きを使って請求されてもよろしいかと思います(相手方の住所地を管轄している簡易裁判所の書記官に申し立てをして頂きます)。
支払督促に対して相手が2回異議を述べなければ、通常の訴訟で勝ったのと同じ効果になり強制執行を行うことが可能です。
また、通常の訴訟のように取り急ぎ証拠がなくても使うことができる手続きで、納める収入印紙や切手代も通常の半分ほどで済みます。
なお、相手方から異議が出た場合は通常の訴訟に移行しますが(その時は足りない印紙と切手を納めていただくことになります)、相手方が異議を出さなければ裁判所に何度も行く必要がなく証拠の提示もいらないので非常に簡便な手続きです。

支払督促については下記のサイトが分かりやすくまとまっておりますのでご一読ください。
【支払督促-裁判所HP】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_13/index.html

支払督促もひな形や書き方は管轄の簡易裁判所の窓口(相手方住所地の簡易裁判所)で教えてもらえますので、こちらも代理人を立てずにご本人様でも簡単に利用頂けます。

以上の手続きを使い、義父に返金を求めていくことになります。

その他わからない点がございましたら、お気軽にご質問ください。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
わからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。

ご質問された内容について、当職からの回答に満足頂けましたら"評価"を頂けますと幸いです。

宜しくお願い申し上げます。
gyoenlegalをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問