JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

お世話になります。 本人ではないので詳細は不明な点もあります。 平成7年に銀行から7,800万借り入れ→全額返済

解決済みの質問:

お世話になります。
本人ではないので詳細は不明な点もあります。
平成7年に銀行から7,800万借り入れ→全額返済できず債権回収会社に移行
連帯保証人に催告書が平成17年届き残金4,950万円ー弁済金10,964,259円=残金を返済
の場合、過払いはあるのでしょうか。
また、返済できていない場合返済義務は生きているものと思いますので、何か方法はありますでしょうか。父が高齢のため義姉と養子縁組の話が出ており解決しておかなければとご相談いたします。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

過払いがあるかどうかは、結局のところ金利次第です。
過払い計算ソフトが無料でダウンロードできますから、それを利用なさるのがいちばん早いです。

それよりも、返済がまだのようですので、消滅時効を援用できる可能性があります。
これまで訴訟提起や差押などがなく、最終返済日から5年以上経過していれば消滅時効が完成しています。

実は、試行済みに書かれている銀行さんからの借り入れの事件を扱ったことがあり、
それは消滅時効を主張することができました。

なお、消滅時効を援用するには、内容証明郵便で「金**円の債務について、消滅時効を援用します。つきましては、以後の請求をやめていただきますようお願いします。」と書いて送れば十分です。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問