JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

gyoenlegalに今すぐ質問する

gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

クレジットカード残債の返済手段に関して相談させて下さい。 例えばA, B, Cの3社のクレジットカードのリボ払い残

解決済みの質問:

クレジットカード残債の返済手段に関して相談させて下さい。
例えばA, B, Cの3社のクレジットカード のリボ払い残債が100万円づつ、計300万円あるとします。毎月の返済を3社それぞれにしていると、生活が苦しくなると思い、銀行系カードローンから300万円を借りて一旦リボ払いを片付けてしまい、カードローンへの支払い1本に纏めたいと考えています。理由の一つとしてはリボ払いというのは利子が15%程度でありますが、カードローンは8%程度であるからです。しかしながら残債額が大きくなる事に寄って、支払い期間も長くなるでしょうし、これが本当に得策なのかどうか、細かい部分で不安があります。良きアドバイスをお願い致したく投稿致しました。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

司法書士です。
債務整理事案を多く手掛けております。
分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。
少しでもお力になれれば と思っております。

たしかにおまとめローンは支払の窓口が一本化され,月々の返済額もさがり、利息も安くなります。こういったメリットをうたってさかんにCMをやっていますがホントに得策なのでしょうか。

私がよく依頼者におまとめローンのデメリットとして説明するのは、以下のことです。
①おまとめローンは、利息の引き直しをせず単純に債務をまとめるだけということ
利息制限法による再計算を行えば、残債務額はもっと少なくなったはずなのに(=返さなくてもいい部分があったはず)その点を考慮しません。
②低い利率とはいえ、おまとめした金額に対しては利息がかかる。
③信販会社や消費者金融が保証会社となっていることがある。
④返済期間が長期になる。

おまとめをして順調に返していければいいですが、依頼に来る方の中にはおまとめをして完済したところからまた借りられてしまい、借金が倍になってしまっている方もいます。
もし現状で返済に行き詰っているからおまとめローンを利用するのであれば、債務整理をお勧めします。

たしかに、債務整理を行うことによって信用情報は傷つきますが、私たちは利息を無利息や少なくしてもらう交渉をおこないますので、借金が減るスピードが全然違います(3年から5年で返済する計画で和解交渉を行います)。

また取引年数が長く高金利を支払っている時期があれば、利息の引き直し計算を行い、元金の減少や過払金が戻ってくる場合だってあります。
さらにちゃんと返し終われば、完済してから5年ほどで信用情報機関の登録も抹消されます。

本件の場合、残高も多いですので、借金を本当になくしたいのであれば、私はおまとめローンではなく債務整理をすることをおすすめします。
依頼をしなくても結構です。まずは専門家(弁護士・司法書士)に話を聞くだけでも選択肢が広がると思いますので、おまとめローンをする前に一度相談されてはいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。頂きましたアドバイスに関しましてもう少しだけ補足説明をお願い致します。(内容に不満があるとかではなく、専門用語の意味確認と、私の理解が正しいことの確認です。)


 


1.先生のアドバイスは、一言で言えば、纏めるよりも債務整理がいい、ということですね?この債務整理というのは、つまりは自己破産の申告をする、ということでしょうか?であるとすると、それはあまりにも精神的負担が大きく、すぐには決心できそうにありません。先生も、”順調に返していければいいですが。。。”と但し書きをして下さっていますが、もしそうであれば私の考えたプランもあながち愚行ではない、と考えて大丈夫でしょうか?(それともやはり何か...?)


ちなみに、世の中のサラリーマンとしては、平均以上の収入が安定して得られる状況にはあり、今すぐ生活に困っている状況にあるわけでもありません。


 


2.一例で、100万づつを3社(15%利子)に払い続ける(毎月5万づつ3社計15万)のと、300万に纏めて8%利子で1社に払い続ける(毎月10万)のでは、単純計算では後者が得策という考えで間違いはないでしょうか?


 


3.先生から、①として頂いた回答の用語についての確認です。利息の引き直しとはどういう事をいうのでしょうか?また、利息制限法とはどのような法律でしょうか?イメージとしては、法外な利息でお金を貸し付ける、いわゆる闇金融業者に適用される法律のイメージがあります。


 


4.100万づつを3社(15%利子)に払い続けるのと、300万に纏めて8%利子で払い続けるのでは、単純計算では後者が得策という考えで間違いはないでしょうか?


 


5. 以上を総合的に判断して、それでも債務整理が得策という事になった場合、専門家の方への報酬はどのくらいかかるものなのですか?また、決して怪しげな消費者金融ではなく、TVのCM等でも名の知れた大手クレジットカード会社ばかりですが、それでも本当に、自ら信用情報に傷をつけ、更に報酬をお支払いするメリットがある(それ以上の額が返ってくる)ものなのでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

1.先生のアドバイスは、一言で言えば、纏めるよりも債務整理がいい、ということですね?この債務整理というのは、つまりは自己破産の申告をする、ということでしょうか?であるとすると、それはあまりにも精神的負担が大きく、すぐには決心できそうにありません。先生も、”順調に返していければいいですが。。。”と但し書きをして下さっていますが、もしそうであれば私の考えたプランもあながち愚行ではない、と考えて大丈夫でしょうか?(それともやはり何か...?)
ちなみに、世の中のサラリーマンとしては、平均以上の収入が安 定して得られる状況にはあり、今すぐ生活に困っている状況にあるわけでもありません。
→私が申し上げたのは自己破産ではなく任意整理という手続きです。
債務整理=自己破産と思われがちですが、実は債務整理にはいろいろな方法があり、そのなかでも任意整理とは私たち専門家が本人に代わって業者1社1社と交渉をして今ある借金の月額返済を減らし、利息のカットを要請する債務の圧縮方法です。
当然おまとめローンをして返せるのであればそれに越したことはありませんが、おまとめをするというのは借金の返済が重荷となっている方が多いのでそういう債務整理という選択肢もありますよとして提案させていただいた次第です。


2.一例で、100万づつを3社(15%利子)に払い続ける(毎月5万づつ3社計15万)のと、300万に纏めて8%利子で1社に払い続ける(毎月10万)のでは、単純計算では後者が得策という考えで間違いはないでしょうか?
→100万づつを3社(15%利子)に払い続ける(毎月5万づつ3社計15万)のと、300万に纏めて8%利子で1社に払い続けるのと比較では確かに正しいです。


3.先生から、①として頂いた回答の用語についての確認です。利息の引き直しとはどういう事をいうのでしょうか?また、利息制限法とはどのような法律でしょうか?イメージとしては、法外な利息でお金を貸し付ける、いわゆる闇金融業者に適用される法律のイメージがあります。
→利息制限法とは貸金に対して金利の上限を定めている法律です。
ヤミ金にも確かに適用がありますが、業者(消費者金融、信販会社などヤミ金ではない)の多くは、10年ほど前まで利息制限法の上限で ある15-20%(元金によって異なります)以上の利息を取っていた時期があります。その利息は利息制限法の上限を超えておりますから本来払うべき利息であり無効です。その部分を過去にさかのぼって、利息制限法の上限である15-20%に計算し直すことを利息の引き直しと呼んでおります。


4.100万づつを3社(15%利子)に払い続けるのと、300万に纏めて8%利子で払い続けるのでは、単純計算では後者が得策という考えで間違いはないでしょうか?
→その比較では間違いではありません。


5. 以上を総合的に判断して、それでも債務整理が得策という事になった場合、専門家の方への報酬はどのくらいかかるものなのですか?また、決して怪しげな消費者金融ではなく、TVのCM等でも名の知れた大手クレジットカード会社ばかりですが、それでも本当に、自ら信用情報に傷をつけ、更に報酬をお支払いするメリットがある(それ以上の額が返ってくる)ものなのでしょうか?
→債務整理をして利息が無利息(または減額)が認められ、それを3-5年で支払うことができた場合、おまとめローンと比較して数十万円と違ってくると思います。また3-5年ほどで借金を返していく計画にしますので、月額返済も今よりも少なくなる可能性はあります。
なお過払いが出るか出ないかは業者・取引年数・極度枠・利息によって大きく変動しますのでやってみないとわかりません。
報酬としては、着手金が1社当たり2万円、成功報酬(業者との話をまとめた場合)1社当たり2万円、借金が減額できた分に対して10%(いずれも税抜き)、過払い金が返還された場合は戻ってきた分の20%が相場になります。
しかし、上記はあくまで基準でありはるかに安くやっている事務所もありますので、いろいろ比較してもよろしいかと思います。
(減額報酬を取らない事務所が業界の主流になりつつありますので、依頼されるなら減額報酬のない事務所がおすすめです)

また一般の方は信販会社の方がソフトなイメージが強いですが、信販会社のキャッシングリボ払いと消費者金融の取引はわれわれの業界からすればさほど大差はありません。滞納した時はどちらもしつこいくらい電話が来ますし、滞納期間が長期になれば信販会社も消費者金融並みに訴訟をしてきます。

その他わからない点がありましたら、ご質問ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

詳細に説明頂きまして深謝致します。


頂きましたアドバイスに基づいて方針を考えてみました。


最終的にもう一度だけご確認をお願い出来ますか?


誤解釈等があればご指摘下さい。


 


1.債務整理と自己破産は違う、という事は理解致しましたが、やはりそれはもう少し待ちたいと思います。理由は総額が300万程度であることと、業者の利息が15%程度と法定内であることから、数十万円もの戻りが期待出来るとは考えにくい、と理解した事によります。


 


2.幸い、生活にはまだ余裕があるのでローンを纏めた後は出来る範囲で毎月の支払いを多くし、早いうちに繰り上げ返済もして短期決済をめざす。


 


3.少し心配なのは、カードローン利用者はやはり信用情報にマイナスになるものでしょうか?それとも3社に多額のリボが残っているだけで既に傷はついているものでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
遅くなりました。

回答させていただきますね。

1.債務整理と自己破産は違う、という事は理解致しましたが、やはりそれはもう少し待ちたいと思います。理由は総額が300万程度であることと、業者の利息が15%程度と 法定内であることから、数十万円もの戻りが期待出来るとは考えにくい、と理解した事によります。
→わかりました。あくまでそういう選択肢があるんだということだけでも覚えておいてくださいね。当然のことながら、債務整理をせず自力で返していくのが一番です。ただし無理しすぎないでください。

2.幸い、生活にはまだ余裕があるのでローンを纏めた後は出来る範囲で毎月の支払いを多くし、早いうちに繰り上げ返済もして短期決済をめざす。
→頑張ってください。まとめたところを再借入れだけは絶対にしないでください。本当に苦しくなってからでは、専門家が行う債務整理の選択肢が幅が減りますので、ちょっと苦しくなってきたぞという時には専門家に相談はなさってください。


3.少し心配なのは、カードローン利用者はやはり信用情報にマイナスになるものでしょうか?それとも3社に多額のリボが残っているだけで既に傷はついているものでしょうか?
→今後借り入れをおこす際は、業者は信用情報を見ますので、一般の方で300万円もの残高がある事実は、借りにくくなる要因にはなります。

その他分からない点がありましたら、評価の前にご質問くださいね。
gyoenlegal, 司法書士
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • shihoushoshikun

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    56
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    56
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    30
    都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    108
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    57
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    46
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    23
    弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    23
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
 
 
 

借金・債務処理・破産 についての関連する質問