JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

有難うございました。新たに質問します。私(姉、61歳)と妹(59歳、IQ46、精神年齢8歳9月、療育手帳所持、施設入

解決済みの質問:

有難うございました。新たに質問します。私(姉、61歳)と妹(59歳、IQ46、精神年齢8歳9月、療育手帳所持、施設入所中)とは、今預託金返還請求ということで地裁で争っています。妹との面会は禁じられています。私は妹に訴訟能力はないということと、成年後見人を付けた上で支払うと主張して、家裁に保佐開始申立書をしています。地裁の話はややこしいので、後日相談するとして家裁の件でお尋ねします。今年の2月14日に申立をし、5月14日に家裁より補助相当ならいいけど、どうするかとの電話がありました。その時にわかったのですが、妹は代理行為目録では不動産の処分項目にだけチェックがはい っており、紛争処理とか他のところには何もチェックされてないとのことでした。明らかにわけも分からない妹に施設と弁護士が入れ知恵をしたと思われます。私は即時抗告をしたいから、保佐開始申立を却下してくれといったところ、それでは保佐人相当と思われる根拠を書いてくれと言われましたので、6月9日に提出しました。内容は鑑定書にたいする疑問を主に書きました。話がややこしいので省きますが要するに鑑定書は偽書であるということです。根拠も書きました。今日現在家裁からは何の通知もきていません。今月20日に問い合わせると書記官はまだ裁判長からは降りてないとのことです。もう4か月近くになりますので早くしてもらう方法はないものでしょうか?例えば行政不服審査法とかの方法はないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
いくつか確認させてください。

1 弁護士が入れ知恵をするメリットとは?

2 鑑定書がニセモノであると考えた根拠は?

質問者様の記載をうかがっただけでは、
質問者様が疑いすぎているような印象を受けます。
そこまで疑う根拠があるのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1、弁護士は福祉施設の法律相談員であり、その父も弁護士ですが施設の顧問である。施 設は妹が入所している限り、補助金が入り、妹が施設からでるのを嫌がっている。原因は私が妹を退所させたいと言ったのが発端である。その後突然弁護士から℡があり、妹は施設をでたくないと言っている。私が管理していた財産を返してくれとのことだった。妹は知的障害(療育手帳B-2)で判断能力はないと主張したが、「私には普通にみえる」といって面会を拒否した。そのご、平成23年11月30日に訴訟になり、現在裁判長は大まかな判断を示して和解を進めてきている。ただし訴訟能力に関しては判断せず、家裁の行方を見守りたいといっている。


2、イ、平成24年2月14日に家裁に保佐開始申立書を提出。家裁には鑑定 料として10万を委託。家裁は大学病院に鑑定を委託。


  ロ、平成24年4月13日大学病院にて、妹は保険診療にて受信。その時の受診料を弁護士より請求された。保険診療外の金額3150円があり、その内容を弁護士に問い合わせるも拒否される。家裁に10万円の精算の内訳を尋ねたが、家裁より発行の保管金受領証書以外には何もだせない。なお大学病院への問い合わせは、信頼関係で成り立っているので、やめてくれと書記官よりいわれる。


  ハ、平成24年5月14日、鑑定書(4月13日に鑑定したと書かれている)が家裁に送付される。家裁は補助ならいいけど、どうかと私に℡してくる。


 


3、鑑定が偽物との根拠


 ①鑑定人が本人から聞き出したことで判断がなされている箇所があり、それが事実と違っており、記憶力に問題はないといっているが、逆に記憶力はないという結論になる。


 ②収入の点においても、年金は月に13万と妹はいい、把握されていると判断しているが、実際は2ケ月に13万であり、月65000円なので収入面は把握されてない。


 ③判定は長谷川式スケールを採用しているが、これはネットで誰でも引っ張ることができ、その内容は認知症が対象である。逆にIQは57であったと書かれているが、それ以上の言及はない。


 ④長谷川式に伴い100から7引く数を3連続スムースに答えたとあるが、これは妹には無理である(計算能力は著しく低いと療育手帳取得時の診断書には書かれている)。このことは私が家裁へ提出の補佐人に該当だとする理由書でも、数字を変えて、私の目の前で実験して欲しいと要望している。また初め家裁では鑑定書も見せなかったが、それでは何もわからないというとコピーはだめだけど、見せてくれた。このときはスムースに答えたとなっていたが、後で鑑定書をとるといずれも正答したと書き換えられている。


 ⑤金銭管理は大野城市に頼んでいますと書かれており、鑑定人もそれ以上追及せず、管理能力も問題ないと判断しているが、いつ契約したかも定かでなく、これも嘘である。契約の実績はない。


 ⑥鑑定人の署名欄をみると**大学病院精神科神経科となっているが、実際は精神神経科である。これは鑑定人本人が書いたものではなく、部外者の第3者によって書かれている可能性が大である。


 ⑦相手弁護士の父も弁護士であるが、父はこの大学で2004年4月から3年間実務家専任教員として活躍していた。


鑑定内容に関してはまだまだあり、即時抗告の準備をしていますが、内容だけで7ページになります。


  


  

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
なるほど。

その弁護士とは、訴訟外でも利害関係があるわけですね。

4ヶ月は確かにとても長いです。
私も同様の件の経験はありますが、1ヶ月くらいで結論が出たように思います。
おそらくは鑑定が適正に行われたかどうかを判断しているのだと思いますが、
その審査途中に不服を申し立てることはできません。
即時抗告は終わった後の話です。

電話等で仕事を促す、進捗状況を聞くというくらいしかありません。
弁護士だからかもしれませんが、
「いつくらいになりそうですか。」と書記官に聞くと教えてくれます。
書記官も人間ですから、ていねいに聞くと相応の対応をしてくれるように思います。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問