JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

ご質問いたします。 私の義理の妹の件ですが、妹は、知的障害者で家庭裁判所より準禁治産者の浪費者として戸籍上に記録し

質問者の質問

ご質問いたします。
私の義理の妹の件ですが、妹は、知的障害者で家庭裁判所より準禁治産者の浪費者として戸籍上に記録してあります。※成年後見人には変 更してありません。
妹が昨年結婚(障害者施設で知り合った方)し現在は浜松市に居住しております。その妹が、多額の買い物をしてクレジット会社などから2百万円以上の負債を背負っています。
購入したものは本人に問い合わせても要領は得られない状態です。※物はない状態。
準禁治産者の後見人は私がなっている状況です。行為能力のない人の行為として私から取り消しができるのかをお聞きしたいと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは、弁護士です。

義理の妹さんが多額の負債を負ってしまったとのこと、大変気がかりですね。

さて、ご質問の件ですが、妹さんが本当に200万円以上の買い物をしているのであれば、取り消すことは難しいですが、品物が手元にないとのことですので、買い物による借金ではない可能性もあるかと思います。
以下の事項にあたる場合には、取り消しが可能です。
  1. 元本を領収し、又は利用すること。
  2. 借財又は保証をすること。
  3. 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。
  4. 訴訟行為をすること。
  5. 贈与、和解又は仲裁合意(仲裁法 (平成十五年法律第百三十八号)第二条第一項 に規定する仲裁合意をいう。)をすること。
  6. 相続の承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。
  7. 贈与の申込みを拒絶し、遺贈を放棄し、負担付贈与の申込みを承諾し、又は負担付遺贈を承認すること。
  8. 新築、改築、増築又は大修繕をすること。
  9. 第六百二条に定める期間を超える賃貸借をすること。
具体的に説明しますと、準禁治産者は、民法の改正により、現在では被保佐人といいます。
そして、被保佐人は、上記9項目の行為を行う場合には、保佐人(質問者様です。)の同意が必要であり(民法13条1項)、同意を行わずに行った場合には、保佐人が取り消すことができるとされています。
逆にいうと、上記9項目以外の行為であれば、被保佐人である妹さんは、ご自身の意思で自由に行うことができるということです。

もっとも、妹さんが、重要な事実につき誤解して買い物をしてしまった場合や、相手方が妹さんを騙して契約をさせて場合には、契約の無効を主張したり、取り消したりすることが可能です。
また、知的障害があるとのことですので、全く意思能力のない状態で、買わされてしまったような場合にも、無効主張をすることができます。

そこで、どのような経緯で200万円以上の買い物をしてしまったのかを妹さんに確認できるとよいのですが、難しい場合には、妹さんのご主人やカード会社に問い合わせてみてください。少なくとも、どこで何を購入したのかは判明するでしょう。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


意思能力は全くないということでなく、小学校低学年程度の知能はあります。但し、金銭に対する数が数えられなく金銭感覚がない状態です。買ったということは分かりますがその場合でも意思能力は認められとしまうのですか?


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


意思能力は全くないということでなく、小学校低学年程度の知能はあります。但し、金銭に対する数が数えられなく金銭感覚がない状態です。買ったということは分かりますがその場合でも意思能力は認められとしまうのですか?


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
プラス評価をありがとうございます。

意思能力とは、実務上、自分の行為の結果を正しく認識し、これに基づいて正しく意思決定する精神能力をいうとされています。
そして、意思無能力であるかどうかは、問題と なる個々の法律行為ごとにその難易、重大性なども考慮して、行為の結果を正しく認識できていたかどうかかということを中心に判断されるのですが、一般的には満7歳程度の知能があれば意思能力が認められる傾向にあります。

質問者様の妹様の場合、200万円を一回の買い物で使ってしまったのであれば、200万円の負債を支払能力がないのに負うという結果はかなり重大であり、しかも金銭感覚がないとのことですので、負債を負うことがどういことなのかも正しく理解できないといえ、意思能力は否定される可能性も十分にあるのではないでしょうか。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問