JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

中小企業の社長です。以前父が残した借金の連帯保証人になっており、債権回収会社から訴訟を起こされました。和解し分割で支

解決済みの質問:

中小企業の社長です。亡くなった父が残した借金の連帯保証人になっており、債権回収会社から訴訟を起こされました。和解し分割で支払いたい旨を弁護士に相談したところ、自己破産か請求額を支払うかどちらかだと腹をくくって出廷するよう言われました。私は会社の借り入れで銀行の連帯保証人になっていますので、自己破産をすると会社存続が難しくなると思います。口頭弁論が迫っており、弁護士との和解交渉をし、訴訟を取り下げてもらえるものなのでしょうか?また、出廷し、和解交渉に持ち込むことは可能でしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

いずれにせよ、出廷しないわけにはいきません。
欠席しますと、原告の完全勝訴で、訴訟が終わってしまう可能性があります。

和解をして取り下げてもらうことは、和解条件の履行可能性が高ければ可能です。
また、出廷後、和解交渉に持ち込むことはもちろん可能です。

どちらにせよ、ある程度、現実的な返済プランを提示しないことには和解に応じてはもらえないでしょう。分割回数を減らした和解案を提示することで、破産を免れることが可能でしょう。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
マイナス評価をつけながら、何も補足がないのでは、何を詳しく回答すればいいのかわかりません。
質問の状況が詳細でないのに、これ以上の回答はできません。

ルール、マナーを守れない質問者には関わりたくありません。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません。出張で返答出来ませんでした。あと、評価やルール、マナーを理解しておりませんでした。まずお詫びいたします。来週口頭弁論があります。その場で答弁書に記載した分割案の提示を口頭で説明するつもりでいます。その後その分割案通りに返済していきたいと思っています。出来るだけ強制執行わされずに終わればいいのですが。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問