JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

22年6月28日に友人から借金の申し入れが有り次の月に返すからと言う事で140万円を友人の会社の通帳に振り込みました

解決済みの質問:

22年6月28日に友人から借金の申し入れが有り次の月に返すからと言う事で140万円を友人の会社の通帳に振り込みました。ですが何度連絡しても今まで返しては貰えないので昨日本人を呼び出し話をした所今になって月ずき10万円を分割で払うと言う事に成りました。しかしこの2年間分の140万円に関しての延滞料金を加算してもらうように話を着けました本人も納得済みですその代わり月ずきの金利は取りません。このような場合延滞料金は法的に幾ら加算すればよいのでしょうか?教えてください御願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.
 金銭債務の不履行の場合に発生する遅延損害金は、当事者間で取り決めをしていない場合では、 商行為によるものは年6%、それ以外は年5%の割合で請求できます(民419条、404条、商514条)。
kionawakaをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問