JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

公正証書を作成した借金についての質問です。 今年3月に離婚した者です。 婚姻中に私の母にした借金について、母

質問者の質問

公正証書を作成した借金についての質問です。

今年3 月に離婚した者です。
婚姻中に私の母にした借金について、母を債権者、元夫を債務者として公正証書を作成し、毎月末日を期限とし、4月から返済予定でした。

4月中に「今月は払えない」との連絡を受け、債権者の母は待つことを了承しましたが、5月、6月(正確にはまだ末日ではありませんが27日現在)ともに連絡がなく、一円も支払われていない状況です。

母が、公正証書を作成した公証人に先月の末ごろに相談をしたところ
「娘さん(私)にうまく中に入ってもらって払わせるようにした方がいい。」
と言われたそうです。

以前、元夫からの電話連絡では言った言わない、聞いた聞いていないの問題になったのですが、いったいどのような手段や内容での督促が得策なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

公正証書を作成している以上、元夫の財産に対して強制執行をすることが可能です。言った言わないは無関係にできます。

おそらくは、公正証書の条項の中に、期限の利益喪失条項(支払いが1回(2回の場合もあります)遅れた場合に、残額を一括して返さなければならないとするもの)があると思います。
本件では、すでに支払いが遅れている状態ですから、元夫は残額を一括払いしなければならない状態にあります。

強制執行すると、相手の不動産や給料を差し押さえて、強制的にお母様の債権回収にあてることができます。
元夫に返済の態度が一切見られないようであれば、強制執行に出ることをおすすめします。本件は、元夫に財産がありそうですから、回収できる可能性は高いと考えます。

ただ、強制執行は手間がかかるので、強制執行する前に最終警告として文書で通知するという方法も考えられます。
「平成●年●月●日、***公証役場所属公証人***作成公正証書第●号の債務残金●円の支払いを求めます。本書面到達後、●日以内に支払いがない場合には、貴殿の財産に対し強制執行しますので、ご了承ください」といった内容です。
この手段のデメリットとしては、強制執行することを元夫に教えてしまうことにもなるので、元夫があわてて預金を引き出したり、不動産の名義を変えてしまうおそれがあるということです。こうなってしまうと強制執行は難しくなります。

上記の手段に出ず、交渉で話を進めたい場合で、質問者様が入って話が進まななそうであれば、弁護士をつけて連絡をした方が、相手にとってのプレッシャーは強まるでしょう。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

>この手段のデメリットとしては、強制執行することを元夫に教えてしまうことにもなるので、元夫があわてて預金を引き出したり、不動産の名義を変えてしまうおそれがあるということです。こうなってしまうと強制執行は難しくなります。

2回の遅延で残金を全て支払うということは公正証書を見れば明らかなので、仮にすでに名義変更が行われていて、預金がない場合は逃げたもの勝ちということになるのでしょうか?

また、不動産の名義変更などが行われた場合、それは贈与等にあたるのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
本当に譲渡する意思がなく、ただ名義変更をしたとなると、そういった譲渡は無効ですので、強制執行は可能ですが、手間は全く違います。名義変更された先の口座も調べる必要があります。
元夫が、本当に譲渡する意思で名義変更をした場合には、債権者に返す財産がないのに、譲渡したということで、その譲渡を取り消す手間がかかります。
いずれにせよ、逃げたもの勝ちとはならないようになっていますが、手間がかかることは確実です。

不動産の名義変更が贈与となるかどうかは、元夫が対価を受け取っているかどうかで判断されますが、対価を受け取っていない場合には、財産隠しと判断され、下に述べるように犯罪となります。

ただ、これらの名義変更等は、強制執行妨害罪という犯罪です。
「仮に預金や不動産の名義を変更した場合には、強制執行妨害罪となることを申し添えます」という文を付け加えてけん制するという方法もありえますが、これも前に回答したように、ある意味では、元夫に知恵を与えてしまうようなところがあるのが難点です。犯罪をしてでも財産を隠してやる、と思うような方ですと逆効果であるためです。普通は思いとどまるはずですが。
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧にありがとうございました。

参考にさせて頂きます。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
参考になりまして幸いです。
うまく回収できるよう、祈っております。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問