JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

貸し手(A)が借り手(B)に頼まれて、金銭を貸し付けました。 ただ、Bの要望で、直接B(個人)の口座ではなく、別の

解決済みの質問:

貸し手(A)が借り手(B)に頼まれて、金銭を貸し付けました。
ただ、Bの要望で、直接B(個人)の口座ではなく、別の事業会社(C)に貸付のお金を振り込みました。
2年程度、AはBに貸付を依頼されると、Cに振り込み、返済などもCの口座から振り込まれております。
過去の経緯から、Bが実質的にCの口座管理や振り込みをしていて、振り込まれた金銭を活用していることは明らかだと思います。

そこで、この場面で、金銭の貸し借りに契約書がない場合を想定します。
C(実質的にはB)のAに対する返済が滞っている状況です。

Bの言質として、
「今月中に**を返します」
「来月になると**でお金が入るので○○円返します」
「私も申し訳ないと思って、資金手立てに頑張ります」
などの発言をこちらが持っているとした場合、これは実質的に(Cではなく)BがAから借りているということの状況証拠足りえますでしょうか?

同じようにBの言質として、
「**のために振り込んでください、口座はCでお願いします」
という言質も持っております。

こちらですが、返却を渋っている状況でBがCを隠れ蓑として、返済に対する使命感が薄く、支払いを促進されることが目的です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

ご質問の件ですが、
「返します」をはじめとした一連の発言は、
借りていることを認めていなければ出てこない発言です。
したがいまして、Bが借りていることを補強する有力な証拠となるでしょう。

後半部分の「口座はCでお願いします」という部分は、
Bが借りる資金の受け取りのためにCの口座を使っているだけで、
Cが借主ではないことを補強することができます。
質問者: 返答済み 5 年 前.
速やかな回答、そして明確な回答ありがとうございました。

補足で一つBの言質として
「会社Cが潰れたらAの債権はなくなってしまいますよ」
という内容の言質があります。

この発言についても
Bの一連の”借りていることを認めていなければ出てこない発言”
によって、その抗弁足り得ないと考えてよろしいでしょうか。
(むしろ、Bのこの言質が、Cを隠れ蓑にしていることを補強する内容とさえ感じられますが)

よろしくお願いします。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
確かに、その発言は「借主はBではなく、Cである」ことを旨とした内容のようにも考えられます。
しかし、実質的には、「Bの資金元はCである」ことを意味するにとどまると考えられますので、その言質があっても、ほぼノーダメージであるように思います。

また、その発言以外の部分で、Bが借主であることを立証できると考えられますので、その1つの言質のみでくつがえされることはないでしょう。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問