JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めてご相談させて頂きます。 相談内容は以下の事項です。どうかどの様に対処するのが最善の方法なのか、的確なアドバイ

解決済みの質問:

初めてご 相談させて頂きます。
相談内容は以下の事項です。どうかどの様に対処するのが最善の方法なのか、的確なアドバイスを頂ければ幸いです。 宜しくお願い申し上げます。

私の母が、友人に「1,200万円」程金銭を貸しております。(10年以上)
母も相手の方も高齢ですので、今後何があるのかわかりません・・・。 相手の方の借用書(直筆)は、母がきちんと受理しており手元にございます。ただ、それだけでは不安なので公証役場にて正式に「公正証書」を作成しておくべきではないか・・・と母に申しましたところ、相手の方が実印等を奥様が管理されているとの事で、「公正証書」の作成は現時点ではできません・・・とこ返事が返ってきたそうです。現在相手の方の奥様はご病気で余命幾ばくもないそうですが、これから先の事は誰にも解りません。万が一、奥様よりも金銭を貸した方が先に・・・ということも十分考えられます。
そこで、この金銭を必ず返済して頂くには現時点で母が、どの様な事をしっかりと対処しておけば良いのか、
アドバイスを頂きたいのです。

お忙しいところ、大変恐縮ですが宜しくお願い申し上げます。

                                                          深山 千成
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

額が額ですから、権利関係ははっきりさせておいた方がいいでしょうね。
さて、すでにご質問にありますが、公正証書を作成された方がいいでしょう。
「実印が・・・」とのことですが、
実印である必要はありません。認印でも作成可能です。

http://www.koshonin.gr.jp/ju.html
公証役場のサイトです。必要な書類が記載されていますが、認印でも大丈夫であることが明記されています。

また、抵抗はあるかもしれませんが、裁判も視野に入れた方がいいと思います。公正証書は相手の協力が必要ですが、訴訟であればこちらが一方的に提起することが可能です。

というのも、弁護士としての経験から言って、10年以上にもわたって、金銭をそれだけ借りる、ということは返す気があまりないように感じてしまうからです。おっしゃるとおり、相手が亡くなって、相続人が相続放棄でもした場合には、金銭の回収はほぼ不可能です。ある程度、急ぎで動いてもいい案件だと思います。

また、10年以上前からということですから、消滅時効が完成している可能性があります。
ですから、改めて借用書を作成してください。
もしくは、借りていることを認めさせる覚書でも作成してもらってください。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問