JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

貸し手(A)からの債務について、返済期限が切れているにもかかわらず、債務返済を渋る債権者(B)がいます。 BはAか

解決済みの質問:

貸し手(A)からの債務について、返済期限が切れているにもかかわらず、債務返済を渋る債権者(B)がいます。
BはAから借りた債務について、第三事業者(C)への融資に使用したと言っています。
数か月返済を全くしていないBに対して、債 権者代位権を行使してCへ請求をしようと考え、Bに対して、Cの詳細な事業所情報を請求したにも関わらず、Bはその情報開示に応じません。

この場合、強制的にCの情報開示請求する法的手段はあるのでしょうか?

もう一点、CとBとの間に債務に関する契約書がない可能性があります。
その場合、
BのAに対する「Cへの事業融資の名目での借入」が架空のものとして、BをAが訴えることは可能でしょうか。
(出来れば刑事で)

また、そもそも、AがBに対して最も有効な法的手段として考えられる方策はどのようなものになりますでしょうか。(「有効な」とはBを処罰するという意味ではなく、債権回収の可能性が最も高いという意味で述べさせていただいております)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
残念ながらBに対して、Cの情報開示を強制する法的手段はありません。
Cの名称がわかるのであれば、法人の登記を確認すれば、会社の本店所在地や代表者
の氏名及び住所などを知ることができます。

BC間の契約書が存在しない場合についてですが、契約の成立にあたって、契約書は必ずしも必要ではありません。BC間の契約書がないとすると、BがCに負っている債務を裏付けることは困難ですが、この1つの事実をもって刑事的な告発が不可能になるわけではなく、あくまで全体的にBがAを騙すつもりがあったかということです。

有効な法的手段ですが、やはりBに返すだけのお金がない場合には、どの手段も有効性があるとはいえません。Bの所在がわかっているうちに、公正証書を作成するなどして強制執行できるようにしておくぐらいだと思います。あわせてBが不動産など高価な財産を所有していないかを調査しておくことです。
jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問