JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

20年前、アメリカに留学していましたがアメリカでクレジットカードを作り$800ぐらい使ったまま返済しないで帰国してしまいました。そして20年

解決済みの質問:

20年前、アメリカに留学していましたがアメリカでクレジットカードを作り$800ぐらい使ったまま返済しないで帰国してしまいました。そして20年後の現在、またアメリカに住むことになりましたが昔の借金があるのでアメリカでBank Accountを持つことは無理でしょうか?又、20年も経っているので返済額がいくらになるか教えて下さい。アメリカで仕事することになりましたが給料差し押さえなどの可能性はありますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.

質問者様の20年前の$800の負債は、日本であれば時効により消滅していますが、アメリカにおける負債とのことですので、質問者様がカードを作成したクレジットカード会社の約款に定められている州法の規定を確認することが必要です。

仮に負債が時効消滅していないとすれば、遅延利息を請求される可能性がありますが、具体的な利率は、通常約款に規定されていますので、この点も併せて確認しましょう。

負債が時効消滅していない場合には、給与の差し押さえなどがなされる可能性はありますが、通常、いきなり差し押さえることはあまりありません。差押えなどの手続をとることは債権者側にも負担となりますし、質問者様の負債額は比較的低額ですので、まずは督促状で支払いの催促があるはずです。

 

他方、Bank Accountを開く場合、氏名、住所、Social security number等の個人情報を提供します。

その後、銀行の審査があるわけですが、20年前のクレジットカードの不払いがあるとの情報が銀行とも共有されている可能性はそれほど高くないように思います。

いずれにしても、銀行ごとに審査基準は異なりますし、銀行から$800の請求を受けることはありませんので、Bank Accountを開設する手続をとってみたらよいのではないでしょうか。

jo-banをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問