JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。
62133260
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

わたしの両親の借金の問題で質問です。 父が母の名義を無断で使用し連帯保証人の欄に署名、捺印 署名は父が記入し

質問者の質問

わたしの両親の借金の問題で質問です。

父が母の名義を無断で使用し連帯保証人の欄に署名、捺印
署名は父が記入したもので家族間であるので実印、印鑑証明も自由に取れる環境でした。
契約書は父が自宅で作成したものを持 参したようです。
そのさい本人確認が電話で行われたらしいですが、父は知人に代弁を依頼したとのこと
氏名、生年月日だけの確認で終わったとの話です。
この連帯保証は有効なのでしょうか?

ちなみに父は支払いを滞り、一括請求にまで話が進んでから借金の事実を知りました。
母が父に代筆の代理権を授権していなかったとしたら、無権代理にあたるのではないか?と思いましたので相談しました。
民法には日常の家事について負担した債務について、夫婦の連帯責任を定めた規定(民法761条)がありますが、父は全額を交遊費、競馬に使用したと言っています。

借り入れた金融機関は旧国金 現在は日本政策金融国庫です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

債務者と連帯保証人が夫婦の場合、実印や印鑑証明書発行のためのカードの保管状況が問題になります。夫婦なら、実印や印鑑証明書を持ち出すことは可能かも知れません。

 

いずれにせよ、金融機関の方がキチンと保証人の意思の確認をしているかがPOINTです。具体的には連帯保証人に金融機関に出向いてもらって、運転免許証などで本人確認をした上で、自筆で住所・氏名を記載させていることが通常です。

 

または、金融機関のスタッフが連帯保証人の自宅などを訪問して自筆で住所や氏名を記載させるべきです。

 

金融機関のスタッフが連帯保証人とされている人と会っているかどうかが最終的には問題となります。

 

今回の場合、金融機関は連帯保証人とされている方と会っていないために生じた問題で、そのリスクは金融機関側が負うべきだと考えます。従って、連帯保証人とされた人は責任を負う必要はないと考えます。

 

あくまでも、そのスタンスで、貫き通して下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

法律の専門家が回答してますので、回答内容自体は当初の回答で、ほぼ完璧なものです。従って、「回答の質」と言われましても、どの部分を指して言っているのか全く理解出来ません。繰り返しますが、お母様が救われるためには、当初の回答を主張することです。

 

ところで、

母が父に代筆の代理権を授権していなかったとしたら、無権代理にあたるのではないか?と思いましたので相談しました。

と書いてありましたが、「無権代理」とは代理権のない者が、代理人と称して代理行為を行うことをいいます。 従って、無権代理行為ではありません。

 

民法には日常の家事について負担した債務について、夫婦の連帯責任を定めた規定(民法761条)がありますが、父は全額を交遊費、競馬に使用したと言っています。この部分は、確かに日常家事債務ではないので、お母様に民法761条の責任は発生しませんので正しいです。

 

ついでながら、「表見代理が成立するかどうか」を問題にする人がいますが。表見代理が成立するためには、金融機関がキチンと意思確認をしていなければ金融機関に過失があることになりますので、金融機関は通常、「表見代理」は主張しないようです。

 

金融機関が連帯保証人とされた人(お母様)の保証意思の確認をキチンとした方法でしていないので、保証契約は無効。

 

連帯保証人のつかない、単なる債権者(金融機関)と債務者(貴方のお父様と考えます。お母様はそのように主張すべき内容です。

 

相手には弁護士等、法律のプロが背後にいますので、中途半端に無権代理などと言うと、却って相手に貴方につけ込まれるスキを与えかねないので注意が必要です。

 

キチンと法律の知識や経験のある専門家を味方につけて、相手を論破する必要があります。




専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

貴方が価格を提示して回答を募集した質問に、法律家としての意見を回答致しました。次は貴方が承諾等の法律上の義務を果たすべき責任があります。

 

回答の意味が分からない場合は解説します。回答を踏まえて質問なさる場合は「承諾」した後に、新規で投稿願います。

 

価格を提示して質問した以上は承諾等、責任を持ってご対応をお願いします。(デポジットは現状のままでも、全額この会社の運営費になるそうです。)

借金・債務処理・破産 についての関連する質問