JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

有限会社の代表取締役 資本金300万円 借り入れ A個人    1000万円 担保・保証なし B個人

解決済みの質問:

有限会社の代表取締役 資本金300万円

借り入れ
A個人    1000万円 担保・保証なし
B個人    150万円 担保・保証なし
C有限会社 300万円 担保・保証なし
D取締役(妻) 600万円
カードローン 150万円

未払い
E有限会社 500万円
F個人経営 400万円

資産
土地 Aからの借入金で購入
自動車 1台

収入の80%を占める委託契約をAから突然解除され、1000万円の返済請求。
会社の経営はこれ以上無理と判断。
倒産(破産)手続きをしたいと考えます。

個人への負債はどうなるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

個人からの貸付もその他からの貸付等と同じ扱い(破産債権)を受けます。

※個人からの貸付を隠して破産申し立てを行うと免責(借金チャラ)の許可がおりない可能性もあるので、ご注意ください。

ですので、貸付をされた個人の方々も破産手続きの中で、売却された資産(土地など)から配当を受けることになります。

また、Aさんのように法人への貸付ではなく、代表者個人に貸し付けたという方がいる場合は、その方が訴訟をしてくる可能性もあります。

この場合は、お互いに証拠(契約書など)を出して、法人、個人どちらが契約の主体だったのか争うほかないかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問