JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

土地を購入するときに、知人から1,000万円を借りました。 先日、突然に返済して欲しい、返済計画書をくださいと連絡

解決済みの質問:

土地を購入するときに、知人から1,000万円を借りました。
先日、突然に返済して欲しい、返済計画書をくださいと連絡があり困っております
物件の売却も思うように進まず・・・・貯金もありません
どのように対処したらいいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
貸金契約のことを消費貸借契約といいますが,期限の定めのない消費貸借契約の場合は,貸主が返せといってから,相当期間(だいたい2週間前後)のうちに返済する必要があります。
これに対して,弁済期の定めのある消費貸借契約の場合は,貸主は弁済期になるまで,つまりいきなり返せということはできませんし,仮に言われたとしても,返す必要はありません。
1000万円を借りたとのことで,大金ですので,返済する期間や方法を決めずに貸してもらったとは考えられませんから,貸主が突然返せと言っているとすれば,そのような要求に答える必要は法律上はないことになります。

・ただ,そのようなことを貸主が言い出したということは,最初に決めた期間や返済方法に不安が出てくるなんらかの原因があったか,借りる際にはだいたいの返済方法しか決めておらず,後で詳細を決めるという約束で借りたが,現在まで詳細についての打合せや合意がなかったのではないかと思います。
ですので,もしもそうだとすれば,貸主の今回の申し出は,必ずしもすぐに返せという意味ではなく,納得できる返 済計画を教えて欲しい,ということなのではないかと思います。そうだとすれば,きちんと実現可能な返済計画を作って渡せばよいのではないでしょうか。
・あるいは,あなたがお金を借りて無事に今回の土地を購入したあとで,あなたが勤め先を変えたり,仕事を辞めるか何かしたために,貸主にとって信用不安が生まれてきた,という可能性もありえます。その場合は,確かにそのように不安になるのは納得できることで,金融機関や業者からの借入の際はこのような事由が生じた場合に備え,期限の利益喪失約款を付けてくるのがほとんどです。友人同士の貸し借りでは,正式な契約書などを作成したというわけではなかったでしょうから,このような約款や条項はないと思いますが,貸主の利益を考えれば,すぐの一括返済は認められないとしても,信義則上,実現可能な返済計画を貸主に示す必要はあると思います。それを示しさえすれば,納得してもらえるのではないでしょうか。
・最後の手段としては,購入した土地を代物弁済として弁済することで納得してもらう合意を得れば,現在の地価が購入時よりも下がっていたとしても,その代物弁済によりあなたは債務から解放されることになります。
・さらに最後の手段として,相手が何も納得しない場合は,相手から貸金返還訴訟を起こさせ,あなたは当然敗訴しますが,あなたには財産としてその土地しかありませんから,相手は土地に対して強制執行するしか回収の道はないことになります。そうなるようにするというのも,友人関係は完璧に壊れるでしょうが,手段としてはありえますよ。
bengoshimailmeをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問