JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

会社の経営をしていた父が亡くなりました。会社には父が保障協会で個人保証をしている借金があります。 会社は存続して借

解決済みの質問:

会社の経営をしていた父が亡くなりました。会社には父が保障協会で個人保証をしている借金があります。
会社は存続して借金を返していくことになりましたが、万が一返済不能となった場合の
保証債務の相続と相続放棄、自己破産についての質問です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんばんは。

①相続人の保証債務も,法定相続分どおりとなります。

②お母様が,相続開始後(お父様が亡くなった後)に自己破産となった場合,お母様の負担分はなくなります。
 自己破産をした時点で負っていた債務から解放されるからです。
 この場合,債権者がお母様への債権(1/2)を失うことを意味しますので,
 他の債務者に対する債権額には変化がなく,よって子はそれぞれ1/4のままです。
 500,500とはなりません

③放棄をなさるには,死亡から3ヶ月以内に家庭裁判所への申述が必要です。
 ですから,返済不能であることが確定するのがその期間内であれば,返済不能が確定するまでは放棄なさらない方がよいでしょうが,3ヶ月以内には返済不能が確定しない可能性もあるでしょう。「万が一」とおっしゃっていること,会社は返済することにして存続していることを考えると,それほどすぐには分からないからこそ,問題なのだろうと思います。
  そうすると,死亡から3ヶ月経つぎりぎりに放棄をなさるのがよろしいのではないでしょうか?

 ただ,そうすると,おそらく,保証債務の承継から免れるためには,結局相続放棄をするしかないことになるように思われ,それが非常に残念ですね。
 そこで,主たる債務者である会社とともに,相続人の方々で金融機関に赴き,会社の経営に関与していなかった相続人を保証から外すよう交渉なさってみてはいかがでしょうか?これはそれほど簡単な話ではないと思われますが,金融庁の金融機関向け監督指針に,経営者以外の第三者に連帯保証を求めない融資慣行の確立というのがあり,また,中小企業庁も中小企業庁:信用保証協会における第三者保証人徴求の原則禁止という政策を打ち出していることから,銀行との間で交渉をする余地はなくはないと思いますので,ダメもとで交渉なさってみてはいかがでしょうか?もちろん,金融機関が,そう簡単に保証ないし連帯保証を外すと期待することはできませんが,単に経営に関与していなかった第三者というだけでなく,このケースでは妻や子であり,しかも,融資,保証契約当時には全く無関係で,相続により保証債務を承継したに過ぎないわけですので,上記リンク先が想定している状況よりさらに保証人に酷な事案であるはずですから。

bengoshimailmeをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問