JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

親族の会社で相談です。3年位前に取引先が民事再生法を申請した会社があります。その後売掛金を手形でなく現金で回収したよ

解決済みの質問:

親族の会社で相談です。3年位前に取引先が民事再生法を申請した会社があります。その後売掛金を手形でなく現金で回収したようですが、最近数カ月支払い遅延を起こして資金繰りに苦慮しております。このままでは親族の会社が倒産してしまいます。法律的に対策を検討し、会社を守る手段はないでしょうか。ご教示願います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんにちは。

この問題は,ちょっとここで抽象的なアドバイスをしても,対策を立てたり会社を 守ることにはならないと思うんですね。
かなり深刻な問題ですよ。下手をしたら再生計画失敗となり本当に破産を申し立てなければならなくなります。

「ひまわりほっとダイヤル」というのがあります。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/sme/index.html
日弁連のHPです。売掛金回収について,
http://www.nichibenren.or.jp/ja/sme/service1.html
電話 0570−001−240
企業再生に関しては(民事再生法の手続をお願いしている先生もいるでしょう),
http://www.nichibenren.or.jp/ja/sme/service4.html
これは,全国の中小企業経営者の悩みを弁護士が解決しますというサービスです。
「全国共通電話番号「0570-001-240」に電話をすると、地域の弁護士会の専用窓口でお電話をお受けし、折り返しの電話で弁護士との面談予約などができます。2012年3月末まで、一部の県を除く41都道府県において 初回面談30分無料相談 を実施中です。身近に相談できる弁護士がいない中小企業の方々は是非ご利用ください。」
ということになっていますので,ご本人からお電話なさるように勧めてあげて下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

お聞きしたいのは、支払い保留いているのほうが、民事再生法を申請している会社であって、親族の会社はそこから売掛金が入らず困っている状況です。民事再生したような会社が支払い保留して生き延びるなんてことが許されるのでしょうか?そこが一番お聞きしたいです。再度回答お願いいたします。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
あなたのところではないということですね。

民事再生法適用を申し立てている段階なのか,適用が決定されたのかによりますが,
適用が決定されたのでしたら,その段階で債権を持っている者には債権届出の通知が来ると 思います。
そしてそれから間もない時期に,債権者への説明会が開催されるはずです。
そこで再建計画案を示されて,裁判所主導の下で債権者はその再生会社への協力を求められて,了承したことになっているはずです。現金で回収されたということは,そのときの債権については回収できたわけですね。
その後の売掛金について,支払いを遅延しているということでしたら,相手方会社の申立代理人の弁護士か弁護士事務所に連絡をとってみて下さい。再建について監督委員が選任されている場合は,その弁護士に連絡して下さい。
仮に再生計画通りに債務の弁済がなされていないのだとすれば,相手方会社はもちろん,相手方弁護士や監督委員にとってもかなり問題ですので,なんらかの対応が早急になされるのではないかと思いますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

すいません。もう一度だけ。その会社が昨年民事再生手続きを終結しております。(民事再生適用になり3年経過)その場合は、どうなりますか?監督委員はもう関係ないですか?

民事再生手続きを終結して、また売掛金を回収できない場合はどうすればよいでしょうか?

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
そうですか。終結しているとなると,監督委員はもう関係ないですね。
民事再生手続を終結して,さらに売掛金を回収できない場合,制度としては,債権者も民事再生法の適用の申立が可能です(「破産原因の生ずる恐れがあるとき」は、債権者も申し立てをすることができます(法21条))。

ただ,これによって売 掛金回収が現実的に可能となるわけではありませんから,本件の場合,債権は弁済期にある(支払期日は到来している)のでしょうから,相手方企業の資産を調べて,売買代金支払請求及び債務不履行に基づく損害賠償請求の訴え提起とともにする仮処分(仮差押え)の申立を行って下さい。これは手続的に面倒ですしタイミングが問題でもあるので,弁護士に直に依頼してなさって下さい(上記ほっとダイヤルなど)。

bengoshimailmeをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問